今日の昼ごはん 三田製麺所@六本木

本日は土曜日ですが仕事で六本木にやってきております。
170311三田製麺所01 
お昼はどこにするかというのがありましたが、1時間ちょっとという時間だったため
さっと済ませられるお店ということで六本木交差点から程ないところで見つけた
三田製麺所さんに入ってみました。
170311三田製麺所02 
つけ麺系のお店で今まで入ったことがあるお店としては
大勝軒、富田製麺所、六厘舎といったところです。
いずれも濃厚魚介とんこつ系のダブルスープに魚粉が入るスタイルですが、
この三田製麺所も期待を裏切らない同様のタイプのお店です。

お店は食券購入タイプでオーダーしたのは
つけ麺並み(200g)トッピングなしの基本系です。
麺は水で締めるタイプとあつもりという締めないタイプがありますが、
今回は水で締めないあつもりをオーダーしました。
170311三田製麺所03 
かなり濃厚なスープでかなりドロドロしております。
味は他のWスープ系のつけ麺を提供するラーメン店と同様な風味のスープです。
皆さんが想像する通りの味でした。
私はそんなに舌が繊細ではありませんので、
同時に食べ比べないと味の違いが判らないくらい似ています。
170311三田製麺所04 
特徴はこの麺の太さでしょうか?ちょっとしたうどん位あります。
170311三田製麺所05 
麺は水で締めていないものであるためコシは少な目。
この手の太い麺はコシでのど越しをを楽しむよりも
麺の弾力を味わうほうが自分には合ってる気がします。
関連記事
スポンサーサイト

【theme : こんな店に行ってきました
【genre : グルメ

エスハートエス スカルプブラシ購入

先月美容室でシャンプーをしてもらったときに
ブラシで洗ってくれるようになっていました。
最近使い始めたそうですが、かなり気持ちが良かったので
どんなものか見せてもらいました。
スカルプブラシというもので、セットにも使えるのですが、
これでシャンプーをすると頭皮に良いというものらしいです。

ネット通販サイトでも購入出来るようなので早速注文しました。
いろいろなタイプがあるようですが、今回購入したのは
エスハートエス スカルプブラシ プロフェッショナル ロング
というタイプのスカルプブラシです。
どれも大きさとかが違うだけなので、製品としての優劣は無さそうな気がします。


結構豪華な箱入りです。
170301スカルプブラシ01 
基本樹脂製ですが、本体部分は銀色のプラめっき加工が施されています。
ちなみに美容室のものは握る部分の一部のめっきが剥がれていました。
一日中使っているとさすがにそうなるかもしれませんが、
めっきが剥がれても機能に問題はないです。
剥がれの感じもポロポロ剥がれてきている感じはなかったので、
使っているうちに全部剥げちゃった。ということはないと思います。
170301スカルプブラシ02 
表面はこのような感じです。
グリップ部分がしっかりしているのでなかなか握りやすいと思います。
170301スカルプブラシ03 
ピンの部分も樹脂でできていますが、何とも言えないコシのあるブラシです。
長いピンと短いピンが交互に並んでいます。
色が若干違うと思いますが、それぞれ硬さも微妙に違います。
170301スカルプブラシ04 
そして微妙に隙間が大きめなのも特徴です。
170301スカルプブラシ05 
使ってみた感想です。
最初に手で軽く髪の毛をシャンプーしてから
ブラシを強めに頭皮にあてながらブラッシングします。
どのくらいやればいいか分かりませんが、各所にだいたい10回程度のブラッシングです。

今までの指先のシャンプーと違って、洗い上がりがかなりさっぱりします。
ブラシで頭皮お汚れがきちんと取れているからか、
マッサージ効果から感じるものなのかはよくわかりませんが。

あとは髪の毛にコシが出てくれば文句なしですね。



関連記事

【theme : 美容・健康・アンチエイジング
【genre : ヘルス・ダイエット

ノローナのグローブnarvik dri1 insulated 購入

2年ほど前に購入したグローブがかなりやれてきましたので
新しいグローブを購入しました。

購入にあたり、重要な項目としては
・中が湿っていても着脱しやすい
・外した際に落とさない
これに尽きます。

以前のものはインナー別体でしたが
それが仇となり脱ぎににくい場面が多々ありました。
特に袖口に雪がたまってしまうと結局そこから水分が入ってしまい
ゴアテックス製だろうがなんだろうが関係なし。
通常は一度グローブをはめると外さないのでしょうが、
自分の場合は結構な割合で写真を撮るために
グローブをコース途中で外すシーンが多いため、
どうしても袖の部分から雪がグローブの中に入ってしまいます。

それであれば中が濡れてしまう前提で濡れても着脱しやすい
そして乾きやすい物が良いものをと思いました。

あとグローブを付ける際に袖口を引っ張る部分がないと
中が湿っているときに装着しにくいため、引き手のあるものが理想。

また写真を撮るためにグローブを頻繁に外すため
リーシュコード付きの物というのが必須項目です。

結局購入したのはノローナ製のnarvik dri1 insulatedと言うタイプです。
左右で若干のデザイン(ロゴの位置など)違いとなっています。
170213ノローナ01 170213ノローナ02
Dri1と言う透湿素材で出来ているグローブで
インサレートはプリマロフトを使用しています。
170213ノローナ03 
購入したサイズはMサイズです。
ノローナー製と言えばSサイズでも身長175cm用とかそんな感じですが、
このグローブに関してはユニセックス仕様なのか、そんなに大きくありません。
自分の手の長さは中指から手のひらの下まで約18cm
手のひら周囲寸法が20cm位でそんなに大きい方ではありませんが、
Mサイズで指先が1cm位余るかな?といった感じでした。
Sサイズはぴったりすぎで指先の余りも無しと言ったところ
どちらでもかまわないなと思いましたが、若干余裕のあるMサイズとしました。


もちろん引き手もあって、リーシュコード付き
リーシュコードはゴム製で手を通す仕様ですが、
これのへたり具合が気になります。
すぐにゆるゆるになったらポロッと手からおちたりしますし。
170213ノローナ09 

パーム部分はゴートスキン採用
170213ノローナ05
握り心地も良いのですが、残念なのは親指の一部は革ではなさそうなこと。
これウレタン樹脂とかだったら2年位で加水分解してぼろぼろになるので・・・
どうなんだろうか?かなり気になるところです。
 170213ノローナ06
あとは文句なし。装着感もよく程よい柔らかさでストックも握りやすかったです。

上位モデルはゴアテックス製もあります。
値段は倍近く違います。
倍の差に見合った内容かどうかは両方持ってみないと分かりませんが
購入した店舗ではこのナルヴィックのみの在庫でした。


早速その週末スキーで使用してみました。その感想です。
装着感は自宅での試着同様やりやすいです。
中の生地がスベスベというのもあるでしょうがするっと入ってくれます。
また多少湿った感じがしても装着感が変わることは無いです。
やはり引き手があるのが強く引っ張れるので装着しやすいです。
170213ノローナ08 

保温性もプリマロフトの効果かまあまあ良かったと思います。
当日の外気温は-10℃程でしたが、リフト乗っているときも特に冷たく無かったです。

残念な点としてはこのグローブはショートタイプを使っていますが、
装着する際に手の甲側の裾部分が内側に巻き込んでいることが多かったです。
実害はないのですが、きちんと履いていない感じに違和感があり、
何度も手直しする場面がありました。
根元はベルクロで調節するタイプですが、
ほぼ一番緩い状態での装着です。
170213ノローナ07 
ただ、ウェアの袖もあるので、ちょっとやりにくい。
多分ウェアの袖と干渉して内側に巻き込んでいるのかなと思いました。
ちょっと使ってみて様子見と言ったところです。
何か解決法があれば。
関連記事

【theme : スキー
【genre : スポーツ

2017年2月たかつえスキー場

17年シーズンようやく3回目のスキーツアー
今回は日帰りで福島県にあるたかつえスキー場に向かいました。
駐車場はセンターハウスの目の前なので、建屋までは徒歩で2分位です。
170211たかつえ01 
またここはスペーシア+バスのお客さんもいる場所なので
リフトが動き出す前はかなりカオス状態です。
トイレも劇混み、レンタルも当然長蛇の列。
特にたかつえでレンタル借りる方要注意だと思います。
更衣室もトイレの所にありますが、なかなかの混み具合です。

ただ、いったんリフトが動き出せばかなり人は減るので、
レンタル組の方は少し時間をずらして9時とかに来て見てもいいかもしれません。
ただし駐車場は遠くなるかもしれませんが・・・

まず最初に乗るリフトでおススメなのは、
センターハウスの下側にあるリフトからの滑走開始です。
センターハウス前のリフトでも良いのですが、
この場合また下まで降りてこないといけません。
下にあるリフトに最初に乗れば、上部のコースへの連絡ができます。
170211たかつえ02 
下部の方は緩すぎて初心者の練習にも辛い
特にスノーボードだと板を片足外すシーンがかなり見られました。
170211たかつえ03 
最上部は逆に難易度の高いコースが待ち受けています。
未圧雪の斜面でした。ここがめちゃめちゃ楽しかったです。
あまり人もいないので、滑られていない所を何度か降りることができました。
このコースだけでも来る価値がなかあかあるなと思います。
170211たかつえ04 
ただしリフトがフード無しだったりするので、
気温が低い日はかなり辛いかもしれません。
 
そしてここはコブメインのコース
5レーン位のジグザグコブと
1レーンのみジャンプ台ありのモーグルもどきコースがありました。

上部は斜度がかなりあるので結構大変ですが、
下の方は緩めになってくるのでコブ初心者の練習には最適でした170211たかつえ05
そして通常の滑走にちょうど良いのが上部にあるロマンスコースです。
斜度も距離もちょうどよく、たかつえはでの滑走練習は
ここを回しているだけで十分だと思います。
170211たかつえ06 
お昼はレストハウスで会津じゅうねん坦々麺とチャーハンのセット
ラーメンのスープは何というか出汁が効いていない感じで薄く感じました。
まあ、ゲレンデの食事とはこんなもん。という典型な感じの味です。
もう少し頑張って欲しいものです。
170211たかつえ07 
千葉からだとなかなかの距離なのですが、
圏央道が東関道とつながったりしましたので、
そこまでアクセスは悪くありません。
ただ、高速を降りてからの下道が長いですが・・・
来年もまた来ようと思います。

関連記事

【theme : スキー
【genre : スポーツ

今日の昼ごはん 孤独のグルメより源氏食堂@大原

本日は一宮に用事があり、ちょうどお昼時になったので
ごはんをどこかで済ませようと思い、
以前孤独のグルメで出ていた夷隅にある源氏食堂を思い出しました。

場所は外房線の大原駅から徒歩2,3分といったところにあります。
駐車場は一応あって店の前に一台、隣の空き地に3台位おけますが、
まず目の前の道路が一車線分ぎりぎりあるくらいなので、
軽自動車以上の車両だとかなりきついと思います。
170204源氏食堂01 
お店に到着したのはちょうど12時くらいでした。
170204源氏食堂03 
こんな感じのお店なので、ガラガラだとおもいきや・・・
170204源氏食堂02 
既に半分くらいの席が埋まっていました。
丁度奥の席が空いていたのでそこに通されましたが、
オーダーをして待っている間に一気に満席に。
食べ終わった頃には5,6組が店の中、外で並んで待っている状態でした。
そして孤独のグルメで源氏食堂が放映されたのは2015年の冬でしたが、
未だにこんなに人気があるとは・・・テレビの力は恐ろしい物です。
お店の感じはこのような感じで、昭和の食堂ですね。
170204源氏食堂04 
メニューは昔ながらの木札が壁にかかっているタイプです。
目が悪いとちょっと見にくいかもしれないです。
170204源氏食堂05 
ここに来た方はほぼブタ肉塩焼きライスをオーダーすると思いますが、
オーダーしたのは自分の定番メニューのかつ丼です。

ブタ肉塩焼きライスはこんな感じ
なんとなく味は想像できますが、一切れだけ頂きました、
想像通りの味です。当たり前ですが結構やわらか。
170204源氏食堂06 
オーダーしたかつ丼がこちら
170204源氏食堂07 
汁物はこれまたうれしい豚汁です。
この豚汁、肉がゴロゴロ入ってます。
170204源氏食堂08 
そしてかつ丼ですが、かなり厚めのロース肉です。
170204源氏食堂10 
そして結構ツユだく。なかなか自分が好きなタイプのかつ丼でした。
ここ最近のかつ丼はツユだくに出会うことが多い気がします。
170204源氏食堂09 
自宅からもそこそこ距離があるのと、駐車場不便さと
この混雑具合からしてなかなか足を運びにくいですが、
機会があればまたお邪魔しようと思います。

関連記事

【theme : こんな店に行ってきました
【genre : グルメ

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる