FC2ブログ

オレンジヒール リペアセンターでウルヴァリンの1000マイルブーツ半張り加工をお願いしました。

先日格安で入手したウルヴァリンの1000マイルブーツ。
ソールが革製のため、すり減りや傷と滑り防止のため半張りを施してみました。

お願いしたのはオレンジヒール リペアセンターさんにて。

送料を入れて3000円位でやって頂けます。
セール時などだと楽天ポイントが追加になったりするためかなりお得だと思います。
近隣のお店でお願いするのも良いですが、持っていたり取りに行ったりする手間がかかりますが、こちらにお願いすれば引き取りも来てくれて、完成後には返送してくれます。それで3000円位です。
かなり安いと思います。

そしてその仕上がりですが、以下をご覧ください。
全体の感じがこちら。
190413オレンジヒール リペアセンター01 
ソールはビブラムソール。
ソールの仕様は幾つかあるので、好みのものを選択することが可能。
190413オレンジヒール リペアセンター02
加工のためには靴底を削りますが、とてもきれいに仕上がっています。
ご覧のように段差ほとんどなし。
190413オレンジヒール リペアセンター03
サイドの仕上がりも完璧だと思います。
190413オレンジヒール リペアセンター04
勿論つま先の仕上がりも文句なし。
もうはじめからこのような仕様であったかのようです。
190413オレンジヒール リペアセンター05
他にも靴磨きやオールソール交換、すり減った靴底の補修など、靴に関するリペアは何でもやってくれるお店です。オレンジヒール リペアセンターを利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事
スポンサーサイト

【theme : ネットショッピング
【genre : ライフ

ウルヴァリンの1000マイルブーツ購入

本日はゴアテックスのジャケットを探しに酒々井のアウトレットに来てみました。
結局これ。と言うものがなくまたしても購入はしなかったのですが、他のお店を徘徊している際に超お得な靴を発見。
 
酒々井のメレルアウトレットにてウルヴァリン製品群が破格の\3,000円で販売されれいました。どうやらライセンス切れかなにかで、メレルでの販売が4月からできなくなるとのことでそのための在庫を掃くためのようです。こちらのお品少し前は一万円で売ってました。(それでも十分安いですが)
その際はサイズが25cmからのものが置いてあって、試着したところ大きかったので購入を見送ったものでした。
190331ウルヴァリン1000マイル01
展示物はおおかた少々難ありのもので、私が購入したものはサイドの革に皺が出ているもので、革製品なのである程度当たりはずれなどがあると思いますが、これはちょっと多めに出てます。
インサイド側なので目立たないから良いか。(しかも\3,000だし)と言うことで購入。サイズも私は脚の実測が240mm程度なので、なかなかサイズがない。こちらのウルヴァリンの1000マイルブーツも基本は7(25cm)からなのですが、ブラックとブラウンのみ6(24cm)からの展開あり。そして今回ブラックのみ残り一つの24cmサイズをゲット。ウルヴァリンは人にもよるかもしれませんが、私の場合ワンサイズ小さめがフィットするようです。
190331ウルヴァリン1000マイル02
女性用ではブラウン系もありましたが(それは23cmだった)長さは合うけど、ワイズが一回り小さいので結構パツパツでした。履いているうちに広がってくるかもしれないですが、パツパツのままかもしれないというリスクが残るので避けました。

履いてみての感想ですが、ウルヴァリンのブーツは凄く軽いそして革がかなり柔らか。しっとりしていてヌメーっとした感じ。これは触ってみないと伝わらないと思います。
もしかしたらちょっときつめの女性用でもよかったかな。と・・・
 
細かなつくりはいかにもアメリカンな感じです。
あとアウトレット品だから通常ルートでは販売できないものが陳列されている。と言うのもあると思います。

1000マイルブーツの特徴を幾つか
靴ひもを通す穴ですが上の3つはフック式になっています。登山靴でよくある仕様なのですが、ブーツだとどうしても履いたり脱いだりするのに時間が掛かるものですが、このフックになっていることによって紐を緩めるのではなく、外してから履けるので非常に履きやすいです。登山やっている方であれば慣れ親しんだ構造なので特におススメです。
190331ウルヴァリン1000マイル04 
ソールなんかもグッドイヤーウェルト製法で作られているため、ソールがまるごと交換可能。
つまり靴底が減れば交換してリニューアル可能。ブーツ本体の手入れをきちんと行っていればかなり長持ちすると言うこと。
190331ウルヴァリン1000マイル03
そのソールはかかと部分は滑りにくいと定評のあるビブラム製。
こちらも登山をやっている方であれば定番のソールですね。
190331ウルヴァリン1000マイル05 
トー部分は革のままです。
このまま履き続けるとステッチが切れたり、また雨の日滑りやすかったり、石踏んで凹んだりしますので、半張りは追加でやった方がよさそう。好みですが長持ちさせるにはそうした方がいいと考えます。
190331ウルヴァリン1000マイル06 
履いているとほとんど分かりませんが、履き口のカラー部分にウルヴァリン1000マイルの型押しがあります。
190331ウルヴァリン1000マイル07 
ステッチの入り方がカッコいいですね。
ドクターマーチンとかもそうですが、こういう目立ち目のステッチは好きです。
190331ウルヴァリン1000マイル08 
かかと部分のカップはかなり硬く作られているので、かかとの収まりが良いです
190331ウルヴァリン1000マイル09
履き口はこんなに広げることが出来るので、足入れはしやすい方だと思います。
広げるときにヌメッっと広がる感じが何とも言えません。
190331ウルヴァリン1000マイル10
破格で購入出来てよい出会いであったウルヴァリンの1000マイルブーツ。
久しぶりのレザーブーツなのでじっくり育てたいと思います。

関連記事

今日の昼ごはん 焼肉車の40周年記念祭り

本日はさくらの山公園に恒例の桜と飛行機鑑賞に行っておりました。
その帰りに寄ったのが以前から気になっていた焼肉車さんです。
今日たまたま40周年のイベント開催で一部のお肉が安くなってるとのことで寄ってみることに。
190330焼肉車02 
開店はお昼の部は11:45分~14:00とのことで我々到着したのは11:40位です。
駐車場はこのとおりあまり広くないので満杯。自分が最後ギリギリ止められました。
その後に来ている方たちは駐車スペースではない、邪魔にならないギリギリのところに止めてましたが、その後は空くのを待っている車が数台と言ったところ。
190330焼肉車01  
初回入場では入れず、約1時間ほど待ってから入店。
待機の間は雨を予想してかテントや椅子が用意されていて、気遣いが感じられます。
190330焼肉車03 
焼き網は安い店舗にありがちな使い捨てのものではありません。
テーブルによっては四角のスリット型の焼き網ですが、そっちのほうが良かったなぁ。
190330焼肉車07 
網はめちゃ磨き上げられています。
これお手入れするのはかなり大変な重労働だと思います。
190330焼肉車08
メニューはこんな感じ。
この日はどうやら通常メニューは取り扱っていないようです。
190330焼肉車04 

190330焼肉車05

190330焼肉車06
上質なお肉もお得な価格で販売しております。

今回オーダーしたのは
カルビ2人前 490円×2
ハラミ2人前 490円×2
ホルモン2人前 500円×2
カルビクッパ 710円
ライスセット(ご飯とわかめスープ)440円
生ビール 560円
ウーロン茶 150円
税込みで5205円でした。

こちらがライスセット。
わかめスープは塩加減が丁度よい味でした。
わかめも自分好みの厚みのないわかめです。
190330焼肉車09 
こちらがカルビ
上カルビでもないですが、なかなかいい感じです。
脂多めのものが好きなのでこれはお得かも。
190330焼肉車10 
こちらがハラミ
柔らかい歯ごたえの良いハラミだったと思います。
190330焼肉車11 
ホルモン
脂の乗り具合が丁度よい。
190330焼肉車12 
お食事時間は大体45分位でした。
退店したのは13:30頃でしたが、この辺りで訪れれば待ちはほぼなく入れてます。
次回の誕生祭は一年後ですが、13時過ぎにきてみようかな。
190330焼肉車13 
またいつかどこかで通常のランチメニューを食べてみたいと思います。

関連記事

【theme : 焼肉
【genre : グルメ

2019年3月30日 成田空港近くのさくらの山公園にて桜と飛行機鑑賞

本日は毎年恒例のさくらの山公園にて桜と飛行機鑑賞を実施。
2019年の3月30日はあいにくの空模様。(と言うか毎年曇り空な気がします)
ですが、日曜日出かけるのも面倒なのでやっぱり出かけることに。
車を止める場所は空の駅さくら館が目の前にあり、そこの駐車場に止めます。勿論無料です。
ただし、時間帯や桜の開花状況によっては臨時の駐車場に回されます。
190330さくらの山公園01
今回はかなり早めに出発して、9時前に到着。
空の駅もオープンは9時からと言うのもあり、余裕で駐車出来ました。 190330さくらの山公園02
桜の山公園は成田空港のA滑走路の直ぐ北側にあります。
以前成田空港離陸後の飛行機から撮影した桜の山公園の画像を・・・

成田空港上空から。写真左下あたりがさくらの山公園付近です。
190330さくらの山公園14 
こちらが空の駅さくら館
茶色の屋根がそうですね。その上に見えるところが駐車場。
道挟んで向かい側の広いところはコンビニです。
混雑するとここに止めてさくらの山公園に行く方も居るようですが基本ダメです。
190330さくらの山公園13
飛行機の離陸が多くなってくるのは10時位から見たいで、9時過ぎの状況としては人もまばら。
190330さくらの山公園07 
丁度菜の花は満開。
190330さくらの山公園05 
そしてここさくらの山公園は京成線もすぐ近くに通っておりますので、電車の写真も撮影可能。
今日はたまたまスカイライナーを撮ることが出来ました。
190330さくらの山公園06 
成田空港の離着陸は風向きによって方向が変わりますが、本日は北風運用で離陸の様子を見ることが出来ました。おススメは南風運用の着陸ですね。
190330さくらの山公園08
曇り空なので写真映えはしないのと、カメラがコンデジでズームも光学4倍ズームなのでこんなもん。
190330さくらの山公園09 
空の駅さくら館は千葉の名産品やうなりくんグッズも販売しています。
190330さくらの山公園10 
ハンドタオル買おうかかなり悩んだけど、ペラペラな感じだったので見送り。
今治タオル!とか書いてあったら買うんだけどなぁ。
190330さくらの山公園11 

190330さくらの山公園12
次回は桜の季節ではなく、暖かでまったり見られる日に来てみようかなと思います。
毎年そのように書いてる気がするけど、結局桜の季節だけ来ているかもしれない・・・
関連記事

【theme : 千葉県
【genre : 地域情報

メルセデスベンツ Cクラス W205/S205 夏タイヤに交換

メルセデスベンツ Cクラス W205/S205
冬シーズンも終わりをつげ、スキーも行こうと思えばまだまだいけますが、今年はここでシーズン終了。夏タイヤに交換をしました。

夏タイヤは洗わないまま閉まっていたので、ブレーキダストがひどい。欧州車のブレーキパッドはこれが悩みの種です。社外品を付ければ幾らでもダストが目立たないものがありますが、保証の対象外になってしまいます。
190322タイヤ交換01 
いつものごとく純正品(付属ではないので別途購入が必要)のジャッキにて作業開始。
190322タイヤ交換02 
レンチで締める際に車両が移動してしまう場合があります。
この輪留めは必須作業。完璧な防御策ではありませんが、一つのリスク除去手段です。
190322タイヤ交換03 
ついでに目視できるところを確認します。
こちらはフロントタイヤハウス内。
フロントはドリルドローターが装備されています。
190322タイヤ交換04 
こちらはリア側。ローターのサイズも小さめです。
190322タイヤ交換05
パッドの減りも確認。現時点では十分残りがあります。
190322タイヤ交換06
そして下廻りを目視。特に異常は無さそう。
190322タイヤ交換07
作業時間はこうやって写真を撮りながらで約1時間くらいです。


関連記事

【theme : メルセデス ベンツ
【genre : 車・バイク

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる