今日の昼ごはん ステーキのくいしんぼ六本木店

本日は仕事の都合で六本木に来ていました。
お昼をどうしようか六本木交差点付近を物色。
候補としてはすぱじろう、つるとんたん、天下一品で
さてどれにしようかと悩んでいるときに急に雨が強くなってきまして
ちょうどそこにあったのが全く候補になかったこのお店
ステーキのくいしんぼです。
170701くいしんぼ01 
地下に降りて行ったところにお店があるのですが、最初全然気が付きませんでした。
お店は地下にあるためかなり暗いです。またたばこもOKなお店なので、たばこの煙が苦手な方は遠慮した方が良いかもしれません。逆に食後の一服が欲しいかた。おススメです。

メニューはこんな感じです。
大体1000円以内で食べられるメニュー。
レギュラーメニューであればがっつりステーキやハンバーグが食べられます。
170701くいしんぼ02 
今回はスライスステーキとハンバーグのセットをオーダー
170701くいしんぼ03 
ステーキはかなり薄切りなので、ほぼ焼肉と言った感じです。
ただ、下手に厚く切ったものよりも個人的には薄切りタイプが好きなのでこれは自分好みです。
ハンバーグもこね過ぎていないタイプでこちらもまた自分好み。
ソースの味もデミ風でこの価格なら十分納得の味です。
170701くいしんぼ05 
スープとサラダはまあまあ。といったところ。
170701くいしんぼ04 
また機会があれば訪れてみたいですが、
このあたりはお店たくさんあるのでどうかな~

関連記事
スポンサーサイト

【theme : こんな店に行ってきました
【genre : グルメ

富士通ノートPC LIFEBOOK SHシリーズ 増設用内蔵ハードディスクユニットHDD換装

現在所有しているパソコンは2015年10月発表 モデルのLIFEBOOK WS1/W
以前はデスクトップを使っていましたが、省スペース化の為ノートPCに
そしてこちらに取り付けられているハードディスクはサムスン製のSSD512MBです。
今まで外付けの2TBの2.5インチHDDを接続し使用していましたが、このモデルはモバイル・マルチベイがあり、標準でDVDユニット、オプションで増設バッテリーやHDDが追加できる仕様になっています。
今回FMVNHD5 増設用内蔵ハードディスクユニットを入手し、早速取り付けてみました。
170624WS101.jpg 

まずは標準で取り付いているDVDユニットの取り外し
WS1を裏返しスロットの右斜め上にあるロックを引きながら抜きます。
このロックを引かないと外れないので要注意。
170624WS106.jpg 
ロックを引きながらでするっと抜けてくれます。
170624WS107.jpg 
増設用内蔵ハードディスクユニットはそのまま取り付けもできますが、標準では東芝製の500GBの2.5インチHDDを今回シーゲート製の2.5インチHDDに換装します。

今回換装するHDDはシーゲート製のBarraCudaシリーズST2000LM015
2.5インチで2TB、厚みは7mm BarraCudaシリーズ接続方式ははSATAです。
170624WS105.jpg 

換装するには標準の東芝製HDDと同じ7mm厚のものを選択する必要があります。
それよりも厚いものは物理的にはいりませんし、薄いものはクリアランスが大きすぎてSATAコネクタに負担が掛かると思います。

まずはHDDの換装から
FMVNHD5 増設用内蔵ハードディスクユニットは表面にねじが5か所あります。
このねじを外すと裏面の樹脂カバーと分離できます。
HDDは東芝製。ゴムの防振材がついてますのが、取り換えるHDDに移植します。
170624WS102.jpg
SATAコネクタとWS1をつなぐ基盤を外します。
170624WS103.jpg 
この基盤はねじで固定され、動き止めの処置が施されています。
きちんとセットしないとねじが固定できないばかりか、基盤を破壊してしまいますので要注意
170624WS104.jpg 
HDDの比較です
左が取り換えるシーゲート製
右が元々ついていた東芝製です。
当たり前ですが厚みもサイズもコネクタ形状も同一です。
170624WS108.jpg 
HDDに防振ゴムを移植し・・・
マルチベイユニットに取り付けます。
170624WS109.jpg 
そして表面のステンレス製の蓋をねじで固定後
マルチベイのスロットにスロットイン。これは差し込むだけなのでかなり簡単です。
170624WS110.jpg 
そしてPCを起動
そのままではドライブが認識されていませんので、
フォーマットとドライブの割り当てを行います。
170624WS111.jpg 
無事にドライブとして認識してくれました。
170624WS112.jpg 
これで我が家のLIFEBOOK WS1/Wは512MBのSSDプラス2TBの2.5インチHDD内臓仕様となりました。
メインのSSDも大容量化したいところですが、保証期間内であるためここはまだ触れません・・・

関連記事

【theme : ノートPC
【genre : コンピュータ

マグネット式ケーブル マイクロUSBアンドロイド用購入

今までドコモ純正のアダプタを使って充電をしていましたが、
どうやらアダプタ側の端子がずれてきているか何かで、
接触不良がしばしば起きるようになりました。
そうなるとどうなるかと言うと、当たり前ですが充電ができていません。

大体充電は寝る前にセットしていますが、暗闇で行っているため、
マイクロUSB端子への差し込みは手探りです。
まあまあ慣れてはいるものの、接触不良になってしまう原因は
この手探りでやっている。と言うのも起因しているかもしれないです。

と言うことで、買い替えを機に
マグネット式の充電ケーブルの購入をしてみました。
購入したのはHKW technology社?の
マグネット式充電ケーブルセット(ブラック)です。
170526マグネットケーブル01 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HKW 充電ケーブルセット HKW-MMAGCS01-MBK
価格:1524円(税込、送料別) (2017/5/27時点)



先端はマイクロUSB端子になっていますが、
170526マグネットケーブル02 
このように分離することができます。
根元側はこのような感じです。
170526マグネットケーブル03 
先端側はこんな感じになっています。
こちらが磁石になっていてケーブル側にくっつきます。
170526マグネットケーブル04 
反対側がマイクロUSB端子です。
170526マグネットケーブル05 
これをずっとスマホ側に差し込んだままにします。
170526マグネットケーブル06 
端子自体の汚れも防止してくれることになりますが、
私の持っているエクスペリアはZ5プレミアム。
このスマホは防水仕様ですが、防水性はどうなるのか?
不明なので水没等は要注意かもしれないです。
たぶん端子が出っ張っただけなので、問題なさそうなのですが・・・

充電時はこのように光ってくれますが、
常時光ってくれていた方が、暗闇で探すのによいと思いました。
磁石になっているため先端をスマホに取り付けた端子に近づけたら
ピタッとくっついてくれます。使い勝手としてはかなり快適です。
170526マグネットケーブル07 
増設用のタップはUSB端子付きのものを準備しました。
いずれも急速充電OKのものになります。
170526マグネットケーブル08 

関連記事

【theme : スマートフォン
【genre : 携帯電話・PHS

津久見にある人気の食事処 浜茶屋でマグロカツを頂く

津久見イルカ島を後にしたのが13時過ぎでした。
お昼を食べていなかったので、事前にチェックしていた
近くのまあまあ行列のお店へ
場所は津久井ICと津久見イルカ島の中間点位で
国道217号線日豊本線と並走している区間にあります。
駐車場はそこそこの大きさですが、ちょうどお昼時とあって混雑してます
170430浜茶屋01 
お店の前の行列も10組位居て、グループが多かったため
30分位待ったかもしれないです。
やはり人気のお店は時間を外した方がいいですね。

厨房ではでひたすらマグロステーキ焼いてました。
170430浜茶屋02 
メニューはこんな感じです。
期間限定メニューが普通過ぎ。季節によって変わるメニューなのか?
170430浜茶屋03 
裏面は津久見らしくマグロ系のメニューが多いです。
カツ丼の文字が目に入り、かなり気になりましたが・・・
170430浜茶屋04 
やはりマグロ系から選ぶのがセオリでしょう。
津久見はかつてマグロの遠洋漁業の拠点だったようです。
170430浜茶屋05 
悩みつつオーダーしたのはまぐろカツ定食
チーズ入りに惹かれてしまい、こちらを選択。
170430浜茶屋06 
解凍して間もない新鮮なマグロであると思われ、
いわゆる魚臭さが全くありません。
鶏肉とか言われても分からないくらいです。
170430浜茶屋07 
中のチーズもトロトロでかなりおススメのメニューでした。
170430浜茶屋08 
ちなみにこちらが一番人気メニューのまぐろステーキ
大半の方がこれをオーダーしているのですが、
厨房で焼いている煙が建物じゅうに充満しています。
このステーキソース的なもののにおいが苦手な方はダメな店かも。
170430浜茶屋09 
津久見に行った際は候補にして間違いないお店でした。


関連記事

【theme : こんな店に行ってきました
【genre : グルメ

大分県津久見市にあるつくみイルカ島に行ってきました。

2017年の福岡帰省旅
今回は大分県津久見市にあるつくみイルカ島に行ってきました。
つくみイルカ島は大分市にある水族館うみたまごの別館のようなものです。
昨年は島原のイルカウォッチングが台風接近で中止となってしまったので
そのリベンジも兼ねてイルカに会いに行きました。
170430つくみイルカ島01 
つくみイルカ島の所在地はこちら 
大分県なんですが、かなり南の方にあります。
別府からでも1時間以上は掛かりそうな位置にあります。
最寄りのインターは東九州自動車道の津久見ICになります。
福岡からだとおおよそ3時間くらいの道のりでした。
電車だったら津久見駅になり、路線バスも出ているようですが
かなり本数が少なく、実質厳しいかもしれません。

参考までにこちらがバスの時刻表です。
津久見駅からつくみイルカ島までのバス時刻表

GWまっさかりなのですがお客さんの入りはそこそこと言ったところ。
混雑とまではいかなかったのはやはり僻地だからか・・・
 我々は10時過ぎに到着していたのでこの時点ではお客さんはまばら。
駐車場は10時時点でこのような感じ。
170430つくみイルカ島02
大渋滞を予想して行ったので、若干拍子抜けしましたが、
その人の少なさがいるか島を十分堪能できる要因でもありました。

まずはいきなりイルカボートでえさやり体験を堪能
いっぱい人がいると思っていたから
たぶん乗れないだろうなと思っていたのですが・・・
170430つくみイルカ島03 
10分で2,000円です。
高いか安いかはその人次第ですがイルカ好きなら安すぎだと思います。

ただ気を付けたい点としては
混雑してくると船が3艘位でるのでイルカがばらけます。
また午後にもになるとイルカが餌に満足して寄ってこなくなると思います。
と言うことでイルカボートは朝一に乗るに限ります。

自分たちは10時過ぎに到着し、最初にこちらに乗りました。
先着は1家族でボートが1艘我々と合わせて2艘でした。
3頭位が一気にボートによってきます。
170430つくみイルカ島04 
くるくる回ってくれたり
170430つくみイルカ島06 
餌をおねだりしてりします。
170430つくみイルカ島05 
10分はあっと言う間に過ぎてしまいました。
ボートを岸に付けても並んでいるお客さんは居なかったので、
更にもう2000円払って2週目も可能そうでした。

そしてイルカ島とは別施設ですが、
沖合まで行ってくれる船があります。
170430つくみイルカ島07 
イルカショーに間に合う時間に戻ってきてくれるみたいなので
こちらにも乗船してみました。
チケットをなくさなければいるか島への出入りは当日限りで自由です。

大体20分位のクルーズだったと思いますが、
運が良ければ野生のイルカに遭遇できることと、
カモメの餌やりができます。
170430つくみイルカ島08 
餌はかっぱえびせんなので、自分の餌としても使えます。
一袋100円だったのでスーパーで購入する価格程度です。
まあまあ量があるので、カモメにかなりあげてもおやつ分は残ります。
170430つくみイルカ島09 
船はショーに合わせて戻ってきましたので、そのままイルカショー見学
このイルカボートの生け簀はイルカショーの生け簀でもあります。
170430つくみイルカ島10
時間になるとこんな感じでイルカショーが始まります。
 170430つくみイルカ島11
また奥の方にはイルカやアザラシの生け簀があり、
こちらでも餌やりができますので、イルカたちが寄ってきてくれます。
170430つくみイルカ島12 
超至近距離です。
170430つくみイルカ島13 
餌が欲しいとかなりのおねだり。
こんなに知らない人に慣れているイルカも珍しい気がしますが、
ここに居るイルカたちはみんなこんな感じ。
普通だと、まず飼育員以外にはなかなか近づかないと思います。
170430つくみイルカ島14 
施設の全景はこんな感じ。まさに生け簀です。
この写真で施設の90%は写ってると思います。
かなり小さい施設です。
170430つくみイルカ島15 
イルカ好きにはたまらない施設だと思いますが、
なんといってもかなりの僻地にあるので、アクセスが大変です。
そしてこんな施設なのにあまり混雑していない。
でもまた行きたいなぁ。

関連記事

【theme : 国内旅行
【genre : 旅行

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる