FC2ブログ

今日の晩ごはん ますや食堂のカツ丼@高岡市

本日は仕事で初めて富山県高岡市に来ています。
190725ますや食堂01
190725ますや食堂02
ホテルは駅前のホテルなのですが、ごはんを食べるところを検索していたところ、カツ丼やオムライスなどが人気メニューだと言うますや食堂なるお店がヒット
場所はこちらになります。高岡駅からは徒歩で15分位かかります。
大通りからちょっと入ったところにあるのでお店の場所的には分かりにくいです
駐車場も写真奥の看板のあたりにあるっぽい。
190725ますや食堂03
お店の前のディスプレイもしぶい。
190725ますや食堂04
お店の中の様子です。本当に昭和感漂う昔ながらの食堂スタイル。
テーブル席5個位と、カウンター席で構成されています。
8組も入れば満席な感じです。
190725ますや食堂09
メニューはこんな感じ。
丼もの、中華、うどんそば、洋食となんでもござれのスタイル。
190725ますや食堂05
190725ますや食堂06
190725ますや食堂07
190725ますや食堂08190725ますや食堂08
一番人気はやはりカツ丼か?お邪魔したときに入っている方の半分はカツ丼食べてました。
あとはオムライスなんかも人気のようです。しかしながらここに来るのはもうないか、次来てもまたカツ丼を食べるに違いない。
またお持ち帰りも出来るようで、恐らく近所の方が晩ごはん替わりに買って帰る姿もちらほら。

オーダーしたのはカツ丼。750円 漬物と味噌汁付きです。
190725ますや食堂10
卵の溶かし加減と半熟具合は最高レベル
やや薄味のような感じですが、出汁が効いているので気にならない。
つゆの量感もつゆだく直前な丁度よい感じです。
190725ますや食堂11
特筆すべきはとんかつの揚げ方。
肉が柔らかいのと厚みが丁度よいのも相まっていますが、衣のパン粉のサイズ感と衣の厚みが絶妙です。
また下手な揚げ物だと食べていると肉から衣がポロポロ剥がれていきますが、これはそんなことはなくしっかりしています。
190725ますや食堂12
揚げ方自分にとっては満点の揚げ方。
これは普通にとんかつやひれかつ、カツカレーを食べてみたくなるお店でした。

関連記事
スポンサーサイト



【theme : こんな店に行ってきました
【genre : グルメ

今日の昼ごはん 手打ち二八そば ロンロンしいなや@潮来市

鹿島神宮からあそう温泉白帆の湯に向かう途中丁度お昼時だったため移動しながらご飯を食べるところを探すことに。
190622しいなや01
茨城県に来たら常陸秋そばを連想してしまい、蕎麦屋さんを探すことにしました。道中では数件蕎麦屋さんがヒットしましたが、なぜかロンロンと言う名前で蕎麦屋がヒット。これ本当に蕎麦屋さん?と思いながらグーグル先生に聞いてみたところ蕎麦屋さんらしい。

そしてたどり着いたのがこちら。
190622しいなや02
場所はこちらになります。
外観からも一見蕎麦屋さんには見えないです。しかしながら県外のナンバーの車も見受けられ、どうやら人気のお店のようです。

メニューはこんな感じ。
蕎麦やさんですがハンバーグセットなんかもあります。
190622しいなや03
190622しいなや04
オーダーしたのはカツ丼セットの暖かい蕎麦 1200円です。
190622しいなや05
珍しく青のりがアクセントになっています。
190622しいなや06
カツオだとおもいますが、かなり出汁が効いています。
蕎麦の味よりこの出汁の風味が勝ちまくりな感じです。そしてやや濃いめのつゆでした。
立ち食い蕎麦で有名なそばよしさんを彷彿させる出汁です。
190622しいなや08
カツ丼は生姜焼き定食の豚肉と共用だと思われる厚みです。これはこれであり。
自分は分厚いカツ丼は苦手です。某マンガにはカツ丼の分厚いのはなんとか・・・とありますが、自分も10mm以上あると分厚過ぎるイメージがあります。
190622しいなや07
何というか、カツの衣と肉の厚みが同じくらいの方がカツ煮の味がよくわかるというか。
それ以上厚くなって行くと豚肉を食べてます!。と言う感じがかなりするのが自分はあまり好きではないです。
厚みのあるものであれば、普通にとんかつで食べるか、ポークソテー的なものの方が美味しいと思います。
関連記事

【theme : うどん・そば
【genre : グルメ

今日の昼ごはん 鯖の助の塩さば弁当@江戸川区篠崎

本日は埼玉に用事があってその帰り道、以前寄りそびれていたお弁当屋さんへ。
なぜ寄りそびれたかと言うと、このお店は日曜日は定休日で、ちょうどこの道路を通過したのが日曜だった。と言うオチです。買う気満々でいたのですが、なんと日曜日が定休日だとは・・・
近くの職場やドライバーたち向けのお弁当屋さんだから当然と言えば当然か。

そして本日は土曜日、ちょうど12時頃でした。この日はかなりの豪雨だったのですが、それでもどんどんお客さんがやってきます。
190615鯖の助01
メニューはこんな感じ。
魚だけではなくハンバーグや焼肉的なものもあります。
190615鯖の助02
それをすべてこの炭焼き台でやっているんだと思います。
どんどん焼いています。かなり煙もくもく。そして美味しそう。
190615鯖の助03
そして購入したのは定番のサバ塩定食。これで700円です。
大根おろし付き。
190615鯖の助04
これだけ見ると大きさ加減が分からないと思いますが、ご飯はこれで茶碗3倍分位盛ってあります。左下の茶色いのはミートボール。これも美味しかった。
190615鯖の助05
なんといっても炭焼きの焦げ感が良いです。人によってはこの焦げ過ぎがダメな方も居ると思いますが、私は大歓迎。
190615鯖の助06
この皮が炭で真っ黒になっていのがたまらないですね。
190615鯖の助07
場所は京葉道路箱崎出口からすぐのところにあります。千葉方面から来て左側になるので、車の場合は千葉方面から来た方が方が良いと思います。ただし、近くには駐車場などが無さそうです。道路わきに路上駐車になってしまいます。
近隣の迷惑にならないように・・・


関連記事

【theme : 東京のグルメ
【genre : グルメ

成田山での車のお祓い

前車であったS205は購入してから程なくして成田山へお祓いに行っておりましたが、
こちらのS213に乗り換え、約1ヶ月が経過、やや小雨の降る中でしたが、成田山の自動車祈祷殿に行ってきました。

場所は国道51号線の成田山入口交差点を成田山方面に曲がって成田山に行くつもりで進んでいくと、途中左側に大きな駐車場のようなものが見えるのですぐにわかると思います。

お祓い専用の駐車場に一列に止めていきます。どこに止めるかは恐らく自由。
時間は30分単位で行われていました(土曜日の例です)
190608成田山02
時間は10時の回でしたが、この時間で祈祷してもらう車両は私の車ともう一台のみ。
天気の悪い朝一番とかが良いかもしれないですね。
190608成田山01
お祓いは5000円と10000円のコースがあります。
違いはお札の豪華さのちょっとした違いと、10000円のコースにはお神酒(日本酒)と落雁が付いています。
前回は10000円のコースでしたが、今回は5000円のコースでお願いしました。
また前回の古いお札もここに収めることが出来ます。
190608成田山03
お祓いの内容は金額に関わらず同じです。一同お堂の前に並んでまずは自身がお祓いを受け、その後に駐車場にある車をお祓いをしてもらいます。車はまとめてお祓いしますので、一台一台ではありません。

お祓いの後は敷地内の脇に車が置ける場所があるため、そこに車を置かせてもらい、成田山へお参りに。
190608成田山04
正直ここにこっそり車を置いている人もいるかも。とちょっと思いました。特にチェックしていないので、すっと入るとたぶんそのまま止められてしまいます。もうちょっと監視の目があっても良いような・・・ただ、神社仏閣を参拝するのにそういう行為をしてしまうのもどうかな?と思うところではあります。

関連記事

メルセデスベンツ Eクラス W213/S213 社外フロアマット購入

先日購入した車両にはフロアマットが付属しておらず・・・全く気が付きませんでした。
で、純正を購入を検討するも、今まで乗っていたC200にも入っていたペラペラのもので5万位。ちょっと毛足が長めのものは10万位。気合で純正を買おうか悩んで色々ネットで見ていると、フロアマット生産業者様が独自販売をしているものが多数。
いろんなメーカーさんがありますが、書き込みなどを見ていると特に悪くなさそう。
むしろあまり変わらない出来栄えで半額以下で購入可能らしい。

検討したメーカーは以下の3社ほど





社外品と言うとあまり品質的に良くないイメージがありますが、実際の商品はこちら。
購入したのはFJクラフトさんのフロアマット(プレミアム)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メルセデス ベンツ Eクラス W213 フロアマット (プレミアム)
価格:15980円(税込、送料無料) (2019/6/22時点)

価格は15,980円で送料込み
また楽天などで購入すると更にポイントが付きます。
スーパーセールなどの時期やクーポンが発行されたりするとさらに安く買えたりします。
オーダーしてから到着するまで3週間ほどかかりましたが、作りは納得のものです。

こんな感じで専用の段ボールに包装されてやってきます。
190512フロアマット01
カラーは無難にブラック、周囲のカラーやヒールパッド部分も実はカラー選択可能です。
190512フロアマット02
ヒールパッド部分は固めの生地になっていてすり減りによる見栄えの変化を防止。
190512フロアマット03
固定も純正の穴にぴったりフィットするように車種別に専用の樹脂部品が付いています。
190512フロアマット04
190512フロアマット06
裏面はゴムスパイクかフエルトが選択可能でした。
FJクラフトさんにしたのはこのフエルト選択が可能だったから。と言うのもあります。
190512フロアマット05
フィット感もばっちり、質感も申し分なしです。
最初は純正にこだわろうかと考えていましたが、価格差ほどの質感の差はありません。
190512フロアマット08
助手席側
190512フロアマット09
後部座席です。
190512フロアマット10
確かに純正が一番間違いないと思いますが、価格差と消耗品であることを考えると
2,3年に一度新品にリフレッシュしながら社外品を使う方が経済的にも衛生面でもよさそうです。
関連記事

【theme : メルセデス ベンツ
【genre : 車・バイク

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる