マグネット式ケーブル マイクロUSBアンドロイド用購入

今までドコモ純正のアダプタを使って充電をしていましたが、
どうやらアダプタ側の端子がずれてきているか何かで、
接触不良がしばしば起きるようになりました。
そうなるとどうなるかと言うと、当たり前ですが充電ができていません。

大体充電は寝る前にセットしていますが、暗闇で行っているため、
マイクロUSB端子への差し込みは手探りです。
まあまあ慣れてはいるものの、接触不良になってしまう原因は
この手探りでやっている。と言うのも起因しているかもしれないです。

と言うことで、買い替えを機に
マグネット式の充電ケーブルの購入をしてみました。
購入したのはHKW technology社?の
マグネット式充電ケーブルセット(ブラック)です。
170526マグネットケーブル01 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HKW 充電ケーブルセット HKW-MMAGCS01-MBK
価格:1524円(税込、送料別) (2017/5/27時点)



先端はマイクロUSB端子になっていますが、
170526マグネットケーブル02 
このように分離することができます。
根元側はこのような感じです。
170526マグネットケーブル03 
先端側はこんな感じになっています。
こちらが磁石になっていてケーブル側にくっつきます。
170526マグネットケーブル04 
反対側がマイクロUSB端子です。
170526マグネットケーブル05 
これをずっとスマホ側に差し込んだままにします。
170526マグネットケーブル06 
端子自体の汚れも防止してくれることになりますが、
私の持っているエクスペリアはZ5プレミアム。
このスマホは防水仕様ですが、防水性はどうなるのか?
不明なので水没等は要注意かもしれないです。
たぶん端子が出っ張っただけなので、問題なさそうなのですが・・・

充電時はこのように光ってくれますが、
常時光ってくれていた方が、暗闇で探すのによいと思いました。
磁石になっているため先端をスマホに取り付けた端子に近づけたら
ピタッとくっついてくれます。使い勝手としてはかなり快適です。
170526マグネットケーブル07 
増設用のタップはUSB端子付きのものを準備しました。
いずれも急速充電OKのものになります。
170526マグネットケーブル08 

関連記事
スポンサーサイト

【theme : スマートフォン
【genre : 携帯電話・PHS

今日の晩ごはん 真の塩サバ定食@天神

2017年のゴールデンウイークも福岡に帰省しました。
8日間の滞在です。前回の帰省は昨年の9月。
その際は車での帰省をしましたが今回は飛行機で。
いつものピーチ成田-福岡便です。
今回E席側を取ってみましたが、
やっぱり西行きはA側の席の方が見る景色が良い気がします
次回からはA席に戻そう・・・
写真は海の中道を上空から
170427真01 
ちょうど11時半位に福岡空港から出られましたので、
そのまま地下鉄に乗りお約束の天神にある真の塩サバ定食です。
福岡空港からだと中州川端駅下車が良いと思います
駅を出たら天神方面へ真っすぐ歩き、
中州にあるよくテレビで出てくる橋を渡って程ないところにあります。
アクロスの向かい、水鏡天満宮が目印です。
170427真02 
その脇にある小道の奥の方にあります。
かなりひっそりしていて怪しげですが入ってみましょう。
170427真03 
以前はサバ100万匹焼きました。みたいなのがあった気がしますが
お店の外には何も表示がないので、
たぶん知らない人は絶対に入ることのないお店だと思います。
170427真04 
席に着いたらランチは塩サバ定食しかないので、
オーダーをする必要はありません。
お値段は980円。高いと感じるかどうかは人それぞれだと思いますが、
このクオリティーの塩サバなら文句なしだと思います。
170427真05 
ちなみにご飯はお代わり自由
自分はいつも2杯食べてます・・・

いつ食べてもこの脂の乗りは最高ですね。
塩加減も絶妙なので、醤油を足したりする必要は全くありません。
170427真06 
焼き色、大きさ、脂の乗り
どれをとってもここを超える塩サバは無いと思います。
170427真07 
味噌汁も白みそベースでかなり甘い。
関東の方はその甘さにきっとビビります。
しかし福岡では当たり前のこの味噌汁も是非味わっていただきたい。
170427真08 
福岡に訪れた際、平日または土曜日で
ランチ時なら騙されたと思って行ってみてください。
土曜日は行列必至、平日でも満席になるので必ず相席になります。

関連記事

【theme : こんな店に行ってきました
【genre : グルメ

マキタのクリーナーCL141FDRFW(CL141FDZW)を購入しました

ちょっとした掃除と社内用のクリーナーとして
何にするか迷いましたが、マキタのクリーナーを購入しました。
170422マキタクリーナー02 
CL141FDRFW はバッテリーおよび充電器付き
CL141FDZW はクリーナー本体のみの品番です。
すでに14.4Vのマキタのバッテリーと充電器がある場合はこちらですね。


家電メーカーのハンディクリーナとちがいバッテリーが流用出来ることが決め手。
ホイール交換時のインパクトドライバや緊急用の照明など
バッテリーが使い回せるのと交換が当たり前ですが出来るところです。
またマキタのクリーナーは新幹線の掃除に使われていることでも有名ですよね。
バッテリーは最近のものは残量表示もあるようです。
自分が購入したセットでは通常の残量表示なしタイプ・・・
170422マキタクリーナー03
バッテリーの着脱はとても簡単です。
マキタの工具シリーズであればどれも同じ着脱方法です。
170422マキタクリーナー05 
充電器は少しかさばりますがこれさえあれば
あとはマキタの工具とバッテリーを充実させていくのみ。
170422マキタクリーナー01 
一応強弱の切り替えがありますが、おそらく弱はあまり使わないです。
強で約20分の連続使用が可能なので、
ちょっとした部屋の掃除や車内清掃であれば十分だと思います。
足りなそうな場合はバッテリーを買い増す必要がありますね。
170422マキタクリーナー04 
延長ノズルと隙間ノズルは標準装備。
170422マキタクリーナー09 
当たり前ですがヘッドも標準装備です。
非常にシンプルですが使いやすいヘッドでした。
さすがに最新の掃除機のヘッドには敵いませんが。
170422マキタクリーナー06 
掃除後はこのダストカップを外してゴミを捨てます。
定期的にはダストカップとフィルター(と言う名のネット)のお手入れです。
170422マキタクリーナー07 
ネットも外れますので水洗いも可能です。
170422マキタクリーナー08 
今回はオプションとしてブラシノズルを追加購入しています。
ですが隙間が多いので吸引力は大幅に落ちてました。
結構デリケートな部分で使う用途以外は無さそうな気がします。
170422マキタクリーナー10 
次はブロアも欲しいところ。
ブロアでサッシのごみを飛ばしたり、
車内の隙間のホコリを掻き出すのに使おうと思っています。

早速車内の清掃に使ってみました。
フロアマット類は通常のヘッドで吸引
ペダル廻りは隙間ノズルをつかいましたが、奥の方が吸い取りにくい。
ノズルの長さがもう少し長ければ・・・
170422マキタクリーナー11 
シートの隙間も隙間ノズルを使用
ここももう少しノズル長が欲しいところでした。
170422マキタクリーナー12 
シートはノズルを外して直で吸引
このくらいではシートに傷が入ったりはしないと思います。
170422マキタクリーナー13 
掃除後のダストカップ内です。
ここは完全にプラスチックなので水洗い可能。
ホコリの多い場合はここにがっつりごみがたまります。
ちゃんとごみ箱の上で外さないと結構大変なことになると思います。
170422マキタクリーナー14 
フィルターにもこんな感じでホコリが付着します。
通常はここを手で払い落すのが良いと思います。
170422マキタクリーナー15 
ただ、砂系のごみはこのような感じになりますので、
フィルターを外して水洗いになると思います。
170422マキタクリーナー16
作りがかなりシンプルなので、
結構雑に洗っても大丈夫だと思います。
また全体の構造もシンプルなので、耐久性もありそうです。
なにせ工事現場などで使うことを想定されているので。

関連記事

【theme : AV機器・家電製品
【genre : ライフ

メルセデスベンツ Cクラス W205/S205 セルフでダイヤモンドキーパーを実践

昨年購入時にはクリスタルキーパー施工をしてもらいましたが、
ちょうど一年を経過し、全然撥水性がなくなっています。
まあ、定期的な洗車も怠り気味だったので当たり前なのですが。。。
原因はレジン層への汚れ(ミネラル成分)の付着とレジン層自体の劣化かと思われます。
で、再度クリスタルキーパーを施工してもらうことも考えましたが、
これらの薬品類は楽天などのネットで実は購入可能なんですよね。


施工マニュアルみキーパー技研のホームページからダウンロード可能。
またYoutubeには施工動画なんかもアップされているので、
事前のイメトレもちゃんとできます。
あとは自力でやる気力と、それなりの仕上がりで良ければ
セルフでやってしまう。と言う選択もあります。

ということでキーパーのセットを一式購入しセルフでダイヤモンドキーパー施工をしてみました。
当然素人施工なのでツルツルビカビカと言う訳には行かないと思いますが、
それなりの見た目で、超撥水であれば良しとします。
たぶん多少のムラなんかは許容していかないといけないと思います。

ダイヤモンドキーパーの手順としては
1:洗車
2:ガラスコート剤塗布
3:レジン層塗布
の3つの手順を踏みます。

ここで大事なのは反省も兼ねますが洗車です。
ここでいかにきれいに洗うか?が実は重要。
今回は中性洗剤で洗浄後、さらに爆白でスポンジでこすってやや研磨
この時点でかなり疲れましたが、爆白効果はなかなかありそうです。
この時点で撥水と言うよりは親水状態でした。
よく見ると雨シミなどが見えますが、これは前回のガラスコートの下かもしれないです。
またこれ取ろうと思ったらポリッシャーを使っての作業になり電源も必要。
しかも本日はかなり天気が良いため、洗車していると洗剤ごと乾き気味になるのが微妙でした。
コイン洗車場なのでふんだんに水は使えないし、これは考えないといけないです。
次回からは全体を一気に洗車せず、部分的に作業をすべきだと思いました。

今回はコイン洗車場で作業をしました。
今回発見した洗車場は車通りの少ない場所であるため
かなり隠れ家的な洗車場。
自分がこの作業をしている間約4時間でしたが、他のお客は3名ほど。
皆さん軽く洗車して帰られる方ばかりでした。
170416キーパーコート01 
洗車が完了するとガラスコートの作業です。
こまめに塗布し、クロスでふき取る作業を繰り返します。
ボンネットでいうと1/6程度の範囲にスポンジでコーディング剤を塗布しながら
全体に塗った瞬間にふき取るという作業を繰り返します。
170416キーパーコート02 
塗布後はおおよそですが1時間半程度、ガラスコートの硬化を待ちました。

最後にレジン層の塗布になりますが、
レジン層はざっくりボンネットでいうと半分づつ位に分けながら塗布していきました。
ふき取りもほぼ同時に行っていきます。
この時点でなかなかのツルツル感が出てきています。
たぶんプロが見たら全然ダメだと思いますが、十分なレベルだと感じます。
170416キーパーコート03 
次回は慣れていると思うので、もっと良い仕上がりを目指そうと思います。
やはり一番大事なのは最初の洗車です。
関連記事

【theme : メンテナンス&ケア
【genre : 車・バイク

成田空港 さくらの山公園でのお花見

2017年シーズンは花見に恵まれないシーズンでした。
開花は遅れ、やっと咲いたと思ったら土日は雨・・・
そしてやっと4月15日の土曜日に花見に行くことに
朝夏タイヤに交換したあと、慣らしの運転も兼ねています。
場所は昨年もお邪魔した成田空港近くのさくらの山公園です。
しかし本日は晴れているものの、結構な風。

到着したのは11時過ぎだったため空の駅さくら館併設の駐車場は満車
中には目の前のデイリーヤマザキに駐車している方もいますが、
それはマナー違反だなと思います。
少し歩きますが、臨時の駐車場が開設されていました。
170415さくらの山公園01 
ほぼただの空き地状態の土地を無理やり駐車場にしているようです。
入り口が非常に分かりにくかったですが、警備員の方が1名
なんとなく誘導されたいたので分かりました。
さくらの山公園からは徒歩で10分もないくらいの距離だったと思います。
170415さくらの山公園02 
近くの空の駅ではお土産、お食事なんでもあるので、
ほぼ手ぶらで来ても十分です。
逆に食料に関してはいろいろ持っていかない方がいいかも。

桜の季節問わずいつも人で賑わっています
さくらの山公園は第2滑走路の北側にあります。
その日の風向き次第で迫力の着陸や離陸を見ることができます。
170415さくらの山公園03 
着陸も見れますし、
170415さくらの山公園04 
離陸する姿も見ることができます。
迫力の離陸時のエンジン音も聞くことができますよ。
意外と小型機の方が音が大きい気がしました。
170415さくらの山公園05
そしてもちろん桜もたくさん。
170415さくらの山公園06
至る所に桜の木があり、種類も何種類か植えられています。
自分が見たのは普通に多いソメイヨシノ、枝垂桜、吉野桜の3種
よく見るとほかにもあるかもしれないです。
170415さくらの山公園07
大体2時間位いましたが、どんどん離着陸があるので全然飽きないです。
ぼーっとして眺めるのがいいですね。
あとどんな飛行機が次にやってくるのか、放送もしてくれていますので
大型機などが来る時間帯も分かります。
長い時間居ないようであれば、事前にフライト情報を得てからが理想。

さくらの山公園を後にして、せっかくなので次に向ったのが
三里塚さくらの丘です。ここも桜と飛行機が見れますが、
さくらの山公園よりも断然人が少ないです。
滑走路が見えないからだと思いますが、桜もあるので密かなスポット。

駐車場も小さいですが、溢れることはあまりなさそうな雰囲気でした。
170415三里塚さくらの丘01 
公園はただの広場でちょっとだけベンチ有りです。
家族でお弁当を持ってピクニックに最適な場所だと思います。
近隣にはお店などないので、持参は必須。
170415三里塚さくらの丘02 
全景としてはこんな感じ。人もそんなにいませんよね。
170415三里塚さくらの丘03 
滑走路の南側に位置しますが、離陸後しか飛行機は見えません。
また目の前の景色も今一つです。

170415三里塚さくらの丘04 
しかしながらまったりするにはお勧めの場所です。
一応駐車場にはトイレもありますので安心。
170415三里塚さくらの丘05
またここから車ですぐの場所に、さらなるスポットが
ひこうきの丘です。
170415ひこうきの丘02 
ここも駐車場はあまり広くないです、が更に人が少ないです。
170415ひこうきの丘01 
ただの芝生の丘がちょこっと。
ここもお店などは何もないです。ここには桜はありません。
170415ひこうきの丘03 
そしてそこから空港方面を眺めるとこんな感じ。
先ほどの三里塚さくらの丘よりも遠いです。
170415ひこうきの丘04
ここからは飛び立っていく飛行機のお腹が見れます。
なかなか間近でこんな風景は見れないと思うので、
成田空港近くに来た際は是非訪れてみてください。
170415ひこうきの丘05 
桜の季節でなくても十分楽しめる、空港近くの
飛行機が見れるスポットです。


関連記事

【theme : 千葉県
【genre : 地域情報

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる