FC2ブログ

メルセデスベンツ Eクラス W213/S213 購入記

CクラスW205/S205に乗り換えて3年
急にEクラスってどんな感じ。と見だしたのが3月末
で、現車の売却価格と比べてみると、買えない価格でもない。と感じ始め・・・
以前Cクラスを購入したときと同じ病気が発動してしまいました。

条件はこちら
・総額で450万以内の中古車(新車は金額的にムリなので・・・)
・現行のEクラスで2017年以降登録の車両。
・走行は2万キロ以内
・ディーラー保証の継承が出来る車両
・E200かE250のステーションワゴン
・ボディカラーはそんなにこだわらない
・出来れば本革仕様
・出来ればブルメスター付き
・出来ればヘッドアップディスプレイ付き

大体こんな感じですが、ヘッドアップディスプレイ付きの車両がとにかく少ない。
恐らく熊本地震の影響だと思われます。それがなければほぼ全車標準装備だったのではないかと・・・

そして購入した車両はこちら
E200アバンギャルドスポーツ本革仕様でオーディオはブルメスター13スピーカー仕様です。
190511S21301.jpg
ヘッドアップディスプレイは残念ながらついておりません。結構便利だったのでぜひ欲しかったのですが仕方ないですね。
190511S21306.jpg
カラーはカライトグリーンで現在は設定のないカラーです。
2017年6月登録車両でしたが走行距離が2700キロと異様に少ない車両でした。
車検証の所有者が販売店に変更されていたので、前オーナーの情報は分からず。
明るい場所では濃いグリーンに、そして見る角度や暗めの場所では紺系またはブラックっぽくみえる不思議なカラーです。色的にはリセールは期待できないカラーかもしれません。また汚れや傷が結構目立つ色なので気を使いそう。
190511S21302.jpg
予算的には少しばかりオーバーしてしまいましたが、まあ想定内です。
車両か価格としてはMeコネクトが2017年の8月くらいの車両から付き始めていますが、その前のモデルと言うことで寝落ちが激しいと思われます。

ワイドなスクリーンで近未来的なデザインですが、今後のメルセデスはこれが標準化されていくのでしょうか?
表示スタイルなんかはアップデートで増えたりするといいのですが、たぶん無いでしょうね。
190511S21303.jpg
また車両の保管状況がいまいちだと思われ、いわゆるアルミモール部分のくすみが結構来ていました。これは後日自力で磨いてガラスコート掛けようと思います。
190511S21318.jpg

S205CクラスステーションワゴンとS213Eクラスステーションワゴンについて個人的に比較してみました。

【外観】
勿論Eクラスの方が一回り大きいのですが、所有者か車好きでないと外観はたぶん同じに見えると思います。
ライトに関しては現在のCクラスにも装備されていますが、マルチビームヘッドライトです。
田舎道だと頻繁にライトの照射範囲を切り替えてくれるのが分かります。
またエンジン始動時の演出として主張してきますが、外から見るとどのように見えているのかが気になるところ。
190511S21310.jpg
ドアの閉まり方はEクラスの方が重厚感あります。ただステップ部分のイルミはE200ではついていないのでマイナス。E250だったら付いてます。
190511S21312.jpg
タイヤはミシュランのプライマシー3のランフラット
19インチもあります。かつては16インチだと大きいホイールだったのに、今や18インチが当たり前の時代になってしまいました。
190511S21313.jpg
エンジンは200CCで以前乗っていたC200と同じです。
ただし車重が100kg位違うので、燃費に差が出そうです。
現状通勤のみでリッター10キロ位なイメージです、C200と比べると10%位燃費悪いかな?と言う印象です。高速走行はそんなにしていないのですが、年末に九州にこの車で帰省することを考えているため、そこで比較になります。欧州車は高速燃費は非常に良いと思うので、1000km近く走ってくれるといいなとひそかに期待しています。
190511S21311.jpg

【内装】
2枚のワイドディスプレイやアンビエントライトなど、ぱっと見の豪華さはEクラスの方が質感あります。
ドアの取っ手の部分なども一見同じように見えますが、触った感じやデザインなどはやはり違います。
ドアポケットについてはCクラスの場合結構容量あった(ドアの後ろまで空洞になっている)のですがEクラスは静音対策なのか手前部分にしか物が入れられません

以前のCクラスも本革仕様でしたが、Eクラスの革はしっとりした革です。比べてCクラスの革は固めのしっかりした革でした。Eクラスの革は傷などに少し気を使いそうな素材感です。
190511S21304.jpg190511S21305.jpg
本革仕様だとイオナイザーやパヒュームアトマイザーが付いてきます。
またEクラスではこのグローブボックス内にもエアコンの風を当てることが出来ます。なんのためなのかは分かっていません。自分は風が出ない設定にしています。
190511S21308.jpg

【オーディオ】
Cクラスのオーディオは標準仕様で今回のEクラスはブルメスター仕様です。
190511S21307.jpg
Cクラスのオーディオはセンタースピーカーがありませんでしたので、定位感がかなり悪かったですが、ブルメスターはセンタースピーカーがあるため音の中心がガラスの向こう側に出てくるイメージです。また設定で定位位置を変更可能です。またサラウンド機能もプラスされてるためステレオサウンドの場合は更に広がりが出てます。そして低音部がブーストせずとも十分。ただ、高音部が思ったより出ていないため、設定はトレブルのみ+4、ミッド、バスは0設定にしています。

後席にもツイーターが装備されています。
またシートヒーターもついていますが、教えてあげないとたぶん同乗者は気が付かないはず。
190511S21314.jpg
残念なのはCクラスのオーディオは6連奏のDVDプレーヤー搭載でしたが、こちらはメディアはUSBとSDカード、またはBluetoothによる接続のみ。結構ライブのDVDなどを聞きながら運転していましたので、これをどうするかはこれから考えますが、PCでMP4なんかにリッピングしてSDカードなりに保存してみるしかないのか・・・ただ、法的にはグレーな気がします。

ラゲッジスペースはたぶんCクラスワゴンよりも全然広いはず。
ただ見た目だけではそんなに広いイメージは沸きません。
トノカバーは邪魔なので外して自宅に保管しています。
190511S21315.jpg

【コマンドやナビ系統】
ナビの画面は一見Eクラスの方が奇麗なのですが、インターチェンジ名が表示されていなかったり、ランドマークの名称表示が少なかったりとCクラスのナビの方が使いやすかったかもしれないです。またコマンドはアップデート前ですが、検索が異常に遅いです。また音声案内が小さくしていてもエンジンを一回切ると基に戻ってしまいます。
これは一年点検時にナビとコマンドのアップデートで修正されるものと思われます。

【その他Eクラスで気になったこと】
メーターのディスプレイはプログレッシブにしていますが、ステアリングパイロットが効いているときステアリングマークがグリーンになっていることで確認できますが、画面の左下にでているので、右カーブの際にそのマークがステアリングで隠れて確認できません。これは位置設定をもう少し考えてほしかった。

倒している後部座席を基に戻すとシートベルトが座席後ろに挟まります。Cクラスはどうだったか覚えてませんが・・・
これが
190511S21316.jpg
こうなります。
190511S21317.jpg

またCクラスはバックカメラでしたが、Eクラスでは360°カメラです。
カメラの切り替えは任意でできますので、横付けの際や見通しの悪い交差点で前を見るときなんかに使えると思います。また障害物が近い場合は自動的にカメラに切り替わります。
190511S21309.jpg

Cクラスワゴンは保証プラスも長く乗るつもりで付けていましたが、結局一年残しで売却
16万円程しましたが、バッテリー交換やETC不具合交換等で半分位は使ったかな?と言う印象。

メンテナンスプラス使って一年点検を終えた後でした。
これ一年点検やる前でしたら返金があるため6万位は返ってきていたのですが・・・まあタイミングと言うか巡り合わせと言うか仕方ないですね。次回買い換える際は気を付けようと思います。
結局丁度3年間Cクラスワゴンに乗りましたが、ランニングコスト的には年間80万ちょっとでした。(ガソリン代や税金含まず)
普通に国産コンパクトカーなんかに乗っていれば掛かるコストは全く違うのでしょうが・・・車は本当に金食い虫です・・・

スポンサーサイト

【theme : メルセデス ベンツ
【genre : 車・バイク

今日の昼ごはん うどんの庄丸亀@京都郡勝山町

今日の昼ごはんは以前から気になっていたうどん屋さんへ
勝山町にあるラーメンの横綱勝山の近くにある2店舗が候補です。
1つは薮そして丸亀
ほとんど隣にあって、どちらも同じような佇まいです。
そしてなんとなくで選択したのがうどんの庄丸亀さんです。
190427丸亀01
お店の外観は茅葺屋根のなかなか趣のある佇まいです。
この感じだけで美味しそう感が伝わってきます。
190427丸亀02
中の様子は結構混んでいましたのでこんなアングルで。ここはお座敷からの写真です。
外観とはうらはらに非常に小さい子供の居る家族連れで賑わっていました。
そういうわけでやや騒がしい感じがしますので、ゆっくり食べたい方はお座敷席とは反対側にあるテーブル席で食べるのが良いと思います。
190427丸亀03
お座敷席からの外の庭の様子
190427丸亀04
メニューはこんな感じです。
うどんも蕎麦もやっているみたいでした。
190427丸亀05
それでオーダーしたのはカツ丼セット970円
190427丸亀06
玉ねぎもきちんと煮込んであって、卵は半熟具合問題ばっちり。
190427丸亀07
そして汁だく。かなりだくってました。
自分はこれくらいでも全然好きです。
190427丸亀08
うどんはコシありでもやわでもなく中間点な感じです。
モチモチと言う表現が丁度良いとおもいます。
190427丸亀09
そして漬物類がかなり盛ってあります。
他の方のブログなどを拝見すると、このお漬物が良いというのが良く見られます。
190427丸亀10
この値段でこのボリューム感は関東圏ではなかなかありつけないと思いますが、福岡で有れば至って標準的かも知れません。

関連記事

【theme : うどん・そば
【genre : グルメ

今日の昼ごはん 鉄板焼つぼつぼ 小倉駅

藍島から戻ってきて、シロヤベーカリーにサニーパンを買いに行ったついでにちょっと遅めのランチです。
小倉駅ナカひまわりプラザ二階にあるレストラン街
新幹線の改札の前に有るため、関西方面に帰る前にささっと食事をして帰ることのできるスポットです。
居酒屋さん等もたくさん入っているのですが、リンガーハットや想夫恋等がテナントとして入ってます。
その中で今回お邪魔したのは鉄板焼つぼつぼさんです。ランチも頂くことができるのですが、ぬか炊きや焼きと言った小倉名物のメニューも揃っていました。
190426つぼつぼ01
ランチメニューはこんな感じ。
190426つぼつぼ02
頂いたのは、ホルモン鉄板焼とぬか炊き(単品)です。
脂身プリプリの牛ホルモン(多分丸腸)ともやしやキャベツの鉄板焼になります。
190426つぼつぼ03
ちょっと価格が高めな気がしますが、かなり美味しい。
190426つぼつぼ04
ぬか炊きは基本味噌煮のような感じですが、独特なぬかのざらつきが良いです。
190426つぼつぼ05
関連記事

【theme : B級グルメ
【genre : グルメ

北九州にある猫の島 藍島再訪 2019年4月

福岡には猫の島が2つあります。どちらも名前が「あいのしま」です。
どちらかと言うと福岡に近い「相島」が有名だと思いますが、こちら北九州の「藍島」も負けず劣らずの人気の島だと思います。
以前にどちらの島も一回づつ訪問していますが、私的には北九州の「藍島」の方が好きです。

藍島へのアクセスですが、
北九州 船に乗って向かいます。所要時間は約40分です。
料金は往復で1,000円です(2019年4月料金)
また1日3便の往復なので時間厳守で乗船場に行く必要があります。

切符はこの待合所で購入できます。
190426藍島01

JR小倉駅からのアクセス
徒歩で約15分も有れば到着出来ます。

車でのアクセス
アクセスと言うよりは駐車場ですが、こちらのトラストパーク小倉駅北駐車場がオススメ。
乗船場までは徒歩で5分もかかりません。
また平日であれば1日500円です。
藍島・馬島行待合所の裏側に見える立体駐車場です。
190426藍島02
藍島にはスーパーや食堂などは一応ありますが、パンやお弁当、飲み物は持参していった方が間違いないと思います。勿論ごみは持ち帰りが原則です。

船はそんなに大きい船ではありません。
波が荒い日などは結構揺れますので、船酔いするかたは酔い止め必須です。
190426藍島03
北九州の工場地帯を眺めながら約40分
190426藍島04
藍島に到着です。
この日は雨予報でしたが、なんとか曇り空で持ちこたえてくれてます。
190426藍島05
藍島は漁村です。
基本観光地ではありませんので、住民の邪魔にならないよう心がけます。
190426藍島06
島は意外と大きいです。全部回ろうと思ったらかなり時間掛かります。
猫を見るのが目的であれば、船着き場周辺のみで十分だと思います。
190426藍島07
藍島の待合所脇にて第一猫発見。
島を全部回ったわけではないのですが、ここには必ず猫が居ます。
190426藍島08
船着き場から15分位歩いたところですが、ここにも猫の集団が居ました。
先に見えている茶色い建物は市民センターです。
190426藍島09
港周辺でぼーっとしていると、猫が寄ってきて猫も寛ぎタイム
犬猫ってなんで人間に寄ってくるのか?不思議です。
190426藍島10
港の待合所周辺に移動してまた別の猫が寄ってきました。
190426藍島11
そして前回出会った猫に再会。待合所付近から近寄ってきました。
190426藍島12
そしてさっきのクロネコを押しのけて以前と同じように近くにペタッと座ってくれました。
以前よりもちょっと痩せているような気がします。
あとこの猫。ここら辺の主なのか行動範囲が広い。かなりの縄張りを持ってそうです。
そしてこの猫が現れると他の猫が警戒を始め、微妙な距離感が……
190426藍島13
近づくことが出来ず、遠くからこちらの様子をうかがうクロネコ。
190426藍島14
藍島のトイレは待合所の建物に併設されています。
トイレのことも考えるとやはり船着き場周辺を散策する程度がベストだと思います。
190426藍島15
また機会があれば寄ってみたいと思います。

関連記事

【theme : 国内旅行
【genre : 旅行

今日の昼ごはん 福岡空港フードコート内 天神ビービー・キュイジーヌ (天神B.B.Quisine)

本日から少し早めの令和元年ゴールデンウイーク突入です。
2日追加でお休みを頂きましたので12連休となりました。

いつものピーチ便で11時過ぎに福岡空港に到着。レンタカーを借りる予定の時間まで1時間ちょっと。
いつものパターンであれば天神界隈に地下鉄で向かい、そこでランチをしていましたが・・・今回は新しくなっている福岡空港のフードコートで頂くことにしました。
190425天神ビービー01
ちょうどお昼時でしたが、平日と言うこともあって席は余裕で確保。井手カツ丼か風月のビーフバター焼きかかなり悩みましたが、やはりここは他では味わえないグルメを求め、ビーフバター焼きを頂くことに。
190425天神ビービー02
メニューはこんな感じですが福岡空港店はビーフバター焼きがメインとなっていました
190425天神ビービー03190425天神ビービー04190425天神ビービー05
お値段は少し高めの1000円
190425天神ビービー06
鉄板の上にパスタと牛バラ肉を乗せて焼き上げ、仕上げに玉ねぎ和風ドレッシング風のソースをかけたものを頂けます。ありそうでないこの味がクセになるんだと思いました。
パリパリに焦げたパスタに絡むドレッシングとバラ肉。味が物足りない場合はドレッシングを追加でかけ放題。
190425天神ビービー08
福岡空港に来た際のオススメメニューです。
190425天神ビービー07
近い味は自宅でも可能な気もしなくもないですが、福岡のソウルフードの一つでもあるとおもうので、福岡空港のフードコートで食事をする際は是非候補にしてみてください。
関連記事

【theme : B級グルメ
【genre : グルメ

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる