マキタのクリーナーCL141FDRFW(CL141FDZW)を購入しました

ちょっとした掃除と社内用のクリーナーとして
何にするか迷いましたが、マキタのクリーナーを購入しました。
170422マキタクリーナー02 
CL141FDRFW はバッテリーおよび充電器付き
CL141FDZW はクリーナー本体のみの品番です。
すでに14.4Vのマキタのバッテリーと充電器がある場合はこちらですね。


家電メーカーのハンディクリーナとちがいバッテリーが流用出来ることが決め手。
ホイール交換時のインパクトドライバや緊急用の照明など
バッテリーが使い回せるのと交換が当たり前ですが出来るところです。
またマキタのクリーナーは新幹線の掃除に使われていることでも有名ですよね。
バッテリーは最近のものは残量表示もあるようです。
自分が購入したセットでは通常の残量表示なしタイプ・・・
170422マキタクリーナー03
バッテリーの着脱はとても簡単です。
マキタの工具シリーズであればどれも同じ着脱方法です。
170422マキタクリーナー05 
充電器は少しかさばりますがこれさえあれば
あとはマキタの工具とバッテリーを充実させていくのみ。
170422マキタクリーナー01 
一応強弱の切り替えがありますが、おそらく弱はあまり使わないです。
強で約20分の連続使用が可能なので、
ちょっとした部屋の掃除や車内清掃であれば十分だと思います。
足りなそうな場合はバッテリーを買い増す必要がありますね。
170422マキタクリーナー04 
延長ノズルと隙間ノズルは標準装備。
170422マキタクリーナー09 
当たり前ですがヘッドも標準装備です。
非常にシンプルですが使いやすいヘッドでした。
さすがに最新の掃除機のヘッドには敵いませんが。
170422マキタクリーナー06 
掃除後はこのダストカップを外してゴミを捨てます。
定期的にはダストカップとフィルター(と言う名のネット)のお手入れです。
170422マキタクリーナー07 
ネットも外れますので水洗いも可能です。
170422マキタクリーナー08 
今回はオプションとしてブラシノズルを追加購入しています。
ですが隙間が多いので吸引力は大幅に落ちてました。
結構デリケートな部分で使う用途以外は無さそうな気がします。
170422マキタクリーナー10 
次はブロアも欲しいところ。
ブロアでサッシのごみを飛ばしたり、
車内の隙間のホコリを掻き出すのに使おうと思っています。

早速車内の清掃に使ってみました。
フロアマット類は通常のヘッドで吸引
ペダル廻りは隙間ノズルをつかいましたが、奥の方が吸い取りにくい。
ノズルの長さがもう少し長ければ・・・
170422マキタクリーナー11 
シートの隙間も隙間ノズルを使用
ここももう少しノズル長が欲しいところでした。
170422マキタクリーナー12 
シートはノズルを外して直で吸引
このくらいではシートに傷が入ったりはしないと思います。
170422マキタクリーナー13 
掃除後のダストカップ内です。
ここは完全にプラスチックなので水洗い可能。
ホコリの多い場合はここにがっつりごみがたまります。
ちゃんとごみ箱の上で外さないと結構大変なことになると思います。
170422マキタクリーナー14 
フィルターにもこんな感じでホコリが付着します。
通常はここを手で払い落すのが良いと思います。
170422マキタクリーナー15 
ただ、砂系のごみはこのような感じになりますので、
フィルターを外して水洗いになると思います。
170422マキタクリーナー16
作りがかなりシンプルなので、
結構雑に洗っても大丈夫だと思います。
また全体の構造もシンプルなので、耐久性もありそうです。
なにせ工事現場などで使うことを想定されているので。

スポンサーサイト

【theme : AV機器・家電製品
【genre : ライフ

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる