jaybird BluebudsX(BBX)購入

ジムや電車の中など、ながらで音楽を聴きたいときに今までは普通に有線のカナル型イヤフォンを使用していました。
ちょっと前からブルートゥースのイヤフォンを物色していましたが、ついに購入しました。
条件としては予算は大体1万円まで。連続使用時間は5時間位のもの。あとは見た目が良いこと。
いまひとつかっこよいデザインのものが無く、たいていがボックスタイプで、ソニー辺りのボックスタイプを購入しようと思っていたのですが・・・
こちらのjaybird BluebudsX(BBX)を発見。なんとボックレス。価格もちょっと悩みましたが速購入。でも購入したのはいいですがお取り寄せでした。
待つことおおよそ一ヶ月。ようやく手元に配送されてきました。
131020BBX01.jpg
付属品の一部です。
アミアミのものはスポーツイヤークッション
耳のくぼみに合わせて取れにくくするように設計されている付属品ですが、自分は使っていません。
理由は装着するのに若干手間取ってしまうからです。慣れれば問題ないと思いますが、どっち向きだっけ?みたいな感じになるし、スポーツイヤークッションをくぼみに押し込むのにちょっとコツが入ります。
131020BBX02.jpg
こちらは操作部。
真ん中が電源で、左右は音量および曲のスキップ用。
上向装着時はコントローラーは頭の後ろに来ますが、操作性はあまり損なわれませんでした。
131020BBX03.jpg
これのマイナス点を挙げるとしたら、このサイズの大きさ。
よくレレレのおじさんでたとえられているみたいですが、耳から大分飛び出します。
カラーはホワイトとブラックがありますが、目立たないブラックの方が良いかも。
131020BBX04.jpg
充電はUSB A microBタイプ スマホと同じなので共用可能。これが意外と便利だったりします。
充電切れてもモバイルバッテリーがあれば、使わない時間に充電可能。
131020BBX05.jpg
充電はここのキャップをあけてUSB A microBを差し込みます。
131020BBX06.jpg
充電中はごらんのように赤いLEDが点灯。終了するとグリーンに変わります。
131020BBX07.jpg
装着は普通につけるつけ方と、上向き(逆さま)につける方法があります。
詳しくはjaybird BluebudsX(BBX)のサイトなどで確認可能

耳に掛けるときは 上側のほうが安定
下側だと首を廻したときに首の摩擦で引っ張られてしまうのでフィット感がいまいち
上側だと首を振ってもコードが首と擦れることは無いので装着感がとても良いです。
ただし音のL/Rが逆になってしまうので、それを気にする人はNGなアイテムです。

音の方は今までがゼンハイザーのCX300と言うあまり高くない奴をずっと使ってました。
それからの比較になってしまいますが、低音がやや大きめに(悪く言うと若干こもり気味に)でてます。
しかしながら各パートの分解能はすばらしいと思います。
キーボードやギター、ドラムのハイハットの刻みなど綺麗に聞こえてきます。
ブルートゥースのものはあまり音が良くない。と言う刷り込みがありましたが消え去りました。

また、たまに低音が全然でない。といったレビューを見かけますが、多分それは付属のイヤーピースが合ってないか、きちんと装着されていないかだと思われます。

ブルートゥースの接続は非常に簡単。BBXの電源をONスマホのブルートゥースをON
これだけで認識完了です。多分迷わないと思います。
131020BBX08.jpg
通信状況についてはたまーに一瞬途切れる場合もありますが、あまり気にならないレベルでした。
ただ、ちょっと離れるとその頻度が上がるイメージですが、普通にポケットに入れている。かばんに入れている。
と言った状態であればほぼ途切れないと思います。

発注してから2週間以上は届かないショップが多いと思います。
思い立ったら即購入が良いと思います。あと在庫があれば多分直ぐなくなるので、悩んでいる方は買っておいても損は無いと思います。

スポンサーサイト

【theme : 便利物グッズ&小物類
【genre : 携帯電話・PHS

tag : BBX

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる