世界遺産に登録された富士登山リベンジ

昨年は須走口から登山を開始。開始直後から雨に見舞われ、8合目の小屋に泊まり頂上を目指しましたが、雨が凄くて断念

先日世界遺産に登録されましたが、それ以前に小屋を取っていたのでセーフ
今年は富士宮口→宝永山→御殿場ルートを選択。理由は御殿場ルートは一番人が少ないからです。

まずはバスで5合目を目指します。
バスの料金は往復で1700円。結構します。駐車料金も1000円掛かります。
130728富士山01
そして富士宮口5合目で頂いたこのそば。はっきり言って美味しくない・・・
たまたまなのか出汁の効いていないうすーい汁に入った蕎麦。
外国人も食べていましたが、これが日本の蕎麦と言うものか。と思われたら最悪ですね。
もっと味を良くしないと駄目だと思います。
これ800円なのですが、300円のカップヌードルを食べた方が1000倍美味しいです。
130728富士山02
そして任意ではありますが、登山料金は1000円。記念に缶バッチが貰えます。
来年はやるかどうか分からないから、意外とプレミアム品なのかも?だとしたら1000円はえらく安い登山料ですね。
山小屋宿泊費用で7000円。これだけで1万円を超えます。
尾瀬もこのくらいは掛かりますが、登山って結構お金掛かりますね。
スキーの方が同じ山に行くにも費用はそんなに掛からない気がします。
130728富士山03
今回の登山ルートの確認
富士宮口→宝永山→御殿場ルートを辿ります。
宝永山周りが一番の難所で、それを超えればそうでもなく、人も凄く少ない穴場ルートだと思います。
130728富士山04
登り始めの富士宮口6合目あたりから上部を見ると人が沢山登っているのが見えましたが、
御殿場ルートはと言うと、時折ツアーの団体に遭遇するくらいで、7.5合目の小屋までは完全に自分たちのペースで登れました。
130728富士山05
だからといって簡単か。と言うと、一番の難所は宝永山の登りです。
距離としてはそうでもないですが、砂場のやや斜度のある登りが続きますので、ここで結構心が折れてしまう人が居るかも知れないです。しかしここを超えれさえすれば、あとはそうでもないと思います。
130728富士山06
泊まった小屋は砂走館です。
御殿場ルートにあるというのが原因か分かりませんが、満室ではありましたが、ギュウギュウ詰めにはならず、ひとり布団1個くらいな感じで寝れました。
130728富士山07
室内はこんな感じ。富士山の山小屋はどこもこんな感じだと思います。
人気の吉田ルートなんかだとギュウギュウ詰めになるのでしょうか?
130728富士山08
食事は晩ごはんはカレー(お変わり自由)朝ごはんは下山時に立ち寄ると無料で食べさせてくれます(勿論宿泊者限定です)次回もこのルートで登るかな。と思わせてくれる良い山小屋でした。
130728富士山09
カレーは少し薄めですがニンニクが効いていてなかなか美味しいと思います。
昨年の須走ルートで泊まった山小屋よりも美味しい!
130728富士山10
食事後まだ明るかったので外に出てみましたが、影富士がちょっとだけ見えました。
ご来光なんかもここから見れるようなので、無理して山頂でご来光を見なくてもいいかも知れません。
130728富士山11
山頂までは1時半起床で登山開始。
ご来光時間の4時半には登頂できましたが、山頂の温度は2℃。風が物凄いので体感温度はマイナス
雨は降っていませんでしたが、雲に覆われ露のように体がぬれます。
はっきり言って防寒、防雨対策が不十分だとかなり体力を奪われる環境でした。
天気が良いと大した事無い装備でも十分だろうと思いますが、夏場でこの状況がありえると言うのを考えるとそれなりの防寒対策は必要です。
130728富士山12
山頂の小屋の前はカオス状態。
小屋が開いたとたんに人が流れ込み、一瞬で満席に・・・
暖をとるためにこちらで朝ごはんのカップめんを頂きました。たしか800円くらいしたような。
結局ご来光も見れず、鉢の中も全く見えなかったのでそのまま下山開始。
130728富士山13
ちょっと降りると雲が切れてきて快晴状態でしたが、山頂は相変わらず雲の中でした。
130728富士山14
下山時は砂走を半分走りながら降りていきます。
この際に非常に役立ったのはゲイターです。他のメンバーはそのまま降りましたが、走るとやはり砂が入ってくるみたいです。
ゲイター装着で適当に走っても砂が入ることはありませんでした。
富士山意外でも雨上がりの草地を歩くときや、足元がぬかるんでいる場合などに有効だと思いますので装備しておいても損はしないと思います。

写真は宝永山と御殿場ルートの分岐点
大砂走の途中でこちらの宝永山側に分岐しますが、ココは間違ってしまうと
富士宮口に戻れませんので要注意です。
130728富士山15
そして11時頃に下山完了。
昨年よりも体力が増したのか、今回はそんなに疲れず、頭痛も出ませんでした。
でも結局山頂からの景色は堪能していませんので、また来年登ることになるかも・・・
130728富士山16
また来年に向けてプランを練らなければなりませんね・・・
関連記事
スポンサーサイト

【theme : 登山
【genre : スポーツ

tag : 富士山

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる