先日いつものエスプリオートさんにて E46 330 SMG 12年目の一年点検を実施しました。
で、エンジンチェックランプについては色々交換してきました。
あしかけ6年は経過していますが、色々交換しています。ですがチェックランプはむなしく点灯します・・・
めったに点かないのですが、5速1500回転とかでハーフスロットルで流しているときによく点灯します。
最初に点灯したのは6万キロ位のときでしたが、既に13万キロ。
走りも変わらないし、燃費も変わらないので、走行に支障の出るチェックランプ点灯ではありませんが、やはり気になりますね・・・

とりあえず今回の一年点検で交換したものはこちら
・エンジンオイル
・ワイパーブレード交換
・エアコンフィルター交換
・タンクベントバルブ交換(エンジンチェックランプ由来)
・デフサイドシール、ロックピンオイル漏れ
・エアコンベルト交換
で10万しない位でした。

エンジン警告灯が点灯した場合に確認するポイント
(個人的見解なので必ず整備士の診断に従ってください)

・エルボパイプなど吸気経路からのエア吸い
 自分の車両は結局2回交換しています。どうやらエルボパイプは数年で駄目になる傾向が有るかもしれません。

・アイドルアクチュエーター
どうやら経年劣化するようで、弁が開き気味になることによってアイドル不良になるようです。

・エアマスセンサー
こちらも劣化することで規定値外の値をフィードバックしたりする場合があるようです。
また特性値もばらつきがあり、それによってチェックランプが点くこともありそうな気がします。
当方のエアマスは7万キロくらいの時に純正品のBMWマーク無しVDO製に交換していますが、残念ながら特性値下ずれしがちなエアマスのようで、規定値ないだが電圧が低め。と言われたことがあります。

・O2センサー
故障をしてしまうと燃料噴射量は基本量に固定されてしまうこともあるようです。
主な不具合はアイドリング不調、加速不良、始動性が悪いなど。

・タンクベンチレーションバルブ
ブローバイをエンジンに戻すバルブですが、これが汚れていてもエンジン不調の原因になるようです

・カムシャフトセンサー
主な不具合はアイドリング不調、加速不良、エンジンストールなどがあるようです。


関連記事
スポンサーサイト

【theme : 整備
【genre : 車・バイク

tag : BMW E46 330 SMG

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる