FC2ブログ

虚無僧ゆかりの地 修善寺の旭滝

浄蓮の滝を後にして帰路の途中で急遽寄ってみることに
今回の伊豆の旅行は滝めぐりみたいな感じになってしまいました。
滝の前には神社がありましたので、まずはそこでお参りを済ませ、
150503旭滝01
滝の写真をパシャパシャ撮りつつ、帰ろうかなと思っていたところにおじいさんが話しかけてくれました。
どうやら虚無僧の末裔?の方のようです。
色々虚無僧や滝にまつわる話を聞かせてくれました。

旭滝はこの岩肌が独特で、まるで石を積み上げて作ったような見た目に圧倒されます。
最初は本当に人口的に作った滝なんだろうと思いながら見てました。
150503旭滝06
おじいさんの話によると、子天狗達が一 晩かけて作ったという事でした。
実際はマグマが冷え固まる過程でこのようになったという解説のボードが設置されています。
150503旭滝04
滝の名前の由来は朝日が昇る真東に向いているため、朝日を浴び、この滝が美しく照らされることから来ているとのこと。
ただ、周りの木々がちょっと育ってきていて、滝の全景を拝むことはできません。
綺麗に剪定してあげたらかなりいい感じの滝になりそうな気がしました。
150503旭滝03
実際滝は105mの落差があるとのこと。写真では分かりませんが、実際はかなり上の方まで滝が続いています。
150503旭滝02
またここには元々虚無僧寺が有ったとのことで、このおじいさんはどうやらその虚無僧の末裔のような気がします。
歴代の当主と思われる墓碑がありました。
150503旭滝05
このおじいさん、実際に尺八も吹けるそうで、この旭滝でも定期的に行事を行っているようでそこで尺八を吹いたりするそうです。
そしてここは尺八の名曲、「滝落」の曲発祥の地として知られているとの事でした。
もしかしたらこのおじいさんはただモノでは無いのかもしれません。
ちょうどこのハンミョウを撮っていたら声掛けられたんですよね。
150503旭滝07
これまでもいろいろと滝巡りはしていますが、声を掛けられたのは初めてです。
それがなければ20分も居なかったかもしれませんが、この滝に興味が沸いてきました。
また行ってみればあのおじいさんに会えるのかな?機会があれば再訪して見ようと思います。
公園のように綺麗に整備されているので、軽装でも問題ない場所です。
また遊歩道も整備されていて滝の中腹まで近づくことができます。
150503旭滝08
場所は修善寺からは車で10分位のところになります。
ちょっと入口が分かりにくく、通り過ぎてしまうかも。
修善寺方面から向かってミニストップの手前の道を右折して入って行きます。
ということでミニストップ過ぎてしまったら通過してます


そして伊豆縦貫自動車道を通り、第二東名に入って帰宅の途につきました。
150503旭滝09
第二東名はできてからだいぶ経ちますが、なんと今回が初めてです。。
150503旭滝10

関連記事
スポンサーサイト

【theme : 国内旅行
【genre : 旅行

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる