FC2ブログ

メルセデスベンツ Cクラス W205/S205 キーパーラボでクリスタルキーパー施工

納車されてから約2週間。
まだ車が新しい内に経年劣化対策をしようと思います。
今回の目的はこのアルミのモールのプロテクト。
160423keeper06.jpg 
キーパー系の施工はガソリンスタンドやイエローハットなどでもやってるみたいですが、
問い合わせてみると、オプション系の施工はやってないとのこと。
特に今回やりたかったアルミモールのプロテクト施工ですが
これをやろうと思ったら、直営系のキーパーラボ一択になると思われます。
前のE46の時もルーフレールが結構やられていたので、
なるべく綺麗を維持したいと思ったからです。


今回お世話になったのは船橋にあるキーパーラボです。
160423keeper01.jpg 
店内はウェイトスペースもあり、かなりきれい。
そしてWifiも無料開放してくれているので、時間を潰すには十分。
160423keeper02.jpg 
結構広いので何人かいても気にならないスペースが確保されてます。
160423keeper03.jpg 
アルミはアルカリに弱くて、シャンプー洗車や雨に含まれるアルカリ成分で
アルミが腐食してしまって(錆びて)シミのようになり磨いても取れなくなることです。
このCクラス W205/S205もウィンドウのモールとルーフレールはアルミ製です。
金属で作ってメッキすればいいのに。
と思うのですが、軽量化と製造コスト削減なんでしょうか?

このアルミモールプロテクトだけのつもりだったのですが、
折角なのでガラスコート系のボディコートもやってもらうことに。
因みにモールのプロテクトはルーフレールまでやると1.5倍のお値段になります。
それでも7500円とまあまあお得な金額なのでしょうか?
モールプロテクトの耐用年数はおおよそですが3年とのこと。
でもこのくらいのコストであれば毎年やっても良いかもしれないなと思いました。

そしてやるつもりのなかったボディコート。
キーパーコーティングは主に3つあるみたいで、
・クリスタルキーパー 1年耐久
・ダイヤモンドキーパー 3年耐久
・ピュアキーパー 3ヶ月耐久
そのうちクリスタルとダイヤモンドがガラス系のコーティングのようです。
今回実施しましたのは1年耐久のクリスタルキーパーです。
160423keeper04.jpg 
こちらは施工後の状態。
アップの写真も撮ってみたのですがいまいちわかりにくかったので、
全体の写真だけ掲載。はっきり言って違いは一目瞭然とはいかない感じ。
雨が降ったあと、そのままにしておいてどうなるか?
160423keeper05.jpg 
キーパーコーティングは塗装面をバフ掛けしませんので、
元の雨染みなんかはそのまま残ってしまう傾向があるかもしれません。
費用を浮かせつつ、きっちり仕上げたい方は事前に自分で下地を整えるのが良いかもしれません。
一番いいのは納車直で持っていく事かなと。

そしてルーフレールは元々特にシミになって取れない部分は無かったので、
ぱっと見特に艶が増したとかそんなことはないです。
あとは腐食せずに何年持つかですね。

関連記事
スポンサーサイト

【theme : メルセデスベンツ
【genre : 車・バイク

⇒comment

Secret

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる