FC2ブログ

2018年7月蓼科山登山

7月の丁度厚くなる前に標高2531mの蓼科山登山をしてみました。蓼科山は諏訪富士とも呼ばれる日本百名山の一つで、山頂は広く八ヶ岳や霧ヶ峰など360度の展望を見ることができる山です。

蓼科山はいくつか登山口がありますが、今回は一番最短ルートとされる7合目登山口からの登山になります。コースタイム的に登り2時間、下り1時間半と言ったところ。

途中寄り道や写真撮影などをしながら実際ゆっくり上ってみましたが、そのコースタイム+30分位でいけました。


まずは登山口の駐車場に車を止めます。

駐車場はかなり広いのでハイシーズンでも止められないってことはあまりなさそうです。
180713蓼科08 
天狗の露地を後にしてここからひと踏ん張りで山小屋に到着です。
本日はここに泊るわけではないですが、日帰り登山できる山にある山小屋は穴場かもしれません。
180713蓼科09 
ごらんの通りの急こう配の岩場が結構続きます。
足腰に不安のあるかたには厳しい場所かもしれません。

もう少し上に行くとより登山口に近い駐車場がありますが、そこはあまり広くありませんでした。

本日は平日(金曜日)の朝だったため、この駐車場にはまだだれも車を止めてませんでした。

180713蓼科01 

近くにはトイレなんかもありますのでまあまあ便利です。

ただし、ご想像のとおり虫が凄いです。

180713蓼科02 

準備を済ませ鳥居をくぐって登山開始。

180713蓼科03 

ちょっと前に豪雨と言うほどではないのですが、結構雨が降っていたために

このように登山道が川のようになっていたり、

180713蓼科04 

途中倒木などがありました。

180713蓼科06 

登り始めはかなりゆるやかで、ジブリのような世界が広がっているシーンも多々あります。

180713蓼科05 

登山を進めていくと、途中天狗の露地なる看板が現れます。

登山道をそれて少し進んだところにあるのですが、とても景色のいい場所があります。

180713蓼科07 

一気に視界が晴れる場所があります。

ここから山頂付近も見上げることが可能。

ひっそりとしているのでおススメの休憩スポットです。

ただ、山頂同様かなり岩がゴツゴツしているので足元に注意してください。

登山バッジなども販売しています。

180713蓼科10 

参考までに山小屋内の様子です。

とてもきれいにしてありました。

180713蓼科11 

そしてここからが本格的な蓼科山登山となります。

写真では分かりずらいですがかなりの勾配です。

これが大体30分位続きます。

180713蓼科12 

そして無事山頂到着

180713蓼科13 

山頂はこのように台地のようになっており、かなり広大です。

180713蓼科14 

南側には八ヶ岳を見ることが出来ましたが、

そのほかは雲に隠れてきっちり写真に収めることが出来ず。

このあと八ヶ岳も半分姿を消してしまいました・・・

180713蓼科15

麓側は女神湖や白樺湖、車山高原などを眼下に収めることができます

蓼科山は周りに山がないため360°見渡せる山です。

天気の良い日に行くとかなり景色が良いと思います。

また山小屋に泊れば満点の星空観測も可能だと思います。

180713蓼科16

お昼は途中のSAで購入したおにぎりセットを頂きました。

山で食べるご飯はなぜかとても美味しい。

180713蓼科17

次回は南にある八ヶ岳連峰に挑戦したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

【theme : 登山
【genre : 趣味・実用

⇒comment

Secret

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる