FC2ブログ

BMW E46 330iにレーダー探知機CR970si 取り付けました。

E46 BMW 330 SMG

なかなか時間が取れなくて、完成まで時間が掛かってしまいましたが、
やっとレーダー探知機の取り付けが完了しました。

購入したのはYUPITERU ユピテル工業 セパレートモデルレーダー探知機 CR970si

主にメイン画面、GPS、スピーカー、ジャンクションユニットで構成されています。
自分は全てフロント部分で収めようと思いますので、
ケーブルの長さが長すぎですね。
多分それぞれ1mもあれば十分です。

早速作業に入りましょう。
必要な工具類は・・・
内張り剥がし(あると結構便利です)

・プラスドライバ
トルクスドライバ(十字ドライバでなく星型のもの)
 
(今回はラチェットもあると吉)
電工ペンチ(ギボシ端子の圧着やコードの皮むきに必要)

テスター(ACC電源の判定に12Vを測定するのに使用)

こんなもんで出来ると思います。

用意しなくてはならない部材は・・・
電源取り出しコネクター

シガーソケットから取る場合は不要です。(でもいまいちかっこわるい)

取り付け場所はメーターパネルとドアの間辺りに決定。
GPSアンテナは隠蔽したかったけど、感度を落とすと意味無いので
今回はダッシュボード上に設置します。

まずは電源確保&ケーブル隠蔽のために
運転席下の小物入れを外します。
ここは以前ETCをつけました。ETCのアンテナはメーターパネル上に隠蔽
ETCどこからも見えません。
080412CR970si01.jpg
ここはプラスドライバで上に見える2本のねじを外せば
簡単に外す事ができます。

次にGPSアンテナと本体のケーブルをダッシュボードから
ダッシュボード内側に引き込ませるためにAピラーのカバーを外します。
カバーに付いている細長いカバーは内張り剥がしで外しすと、
トルクスのねじが見えますのでそれさえ外せば、
簡単にAピラーの内張りが剥がせます。
そこからなんとなくある隙間からケーブルを下に差し込んで、
カバーを元に戻します。
080412CR970si02.jpg 080412CR970si03.jpg 080412CR970si04.jpg

あとは電源取り出しコネクタを使ってACC電源に繋ぎます。
今回はETCをつけた際に使ったケーブルから拝借。
またこれってアースもしないと起動しないのですが、
これまた電源取り出しコネクタを使ってアースの配線に接続。
付属の端子はばっさり切り捨てました。
080412CR970si05.jpg
因みにETCの電源は運転席下のインスペクション用?テストコネクタ
から拝借しています。
(テストコネクタが運転席下に来たのはE46の後期かららしいので注意ください)

で、繋ぎ終えた図はこんな感じ。
ETCの配線やら、ナビの配線やらで汚いです・・・
でも隠すから関係ないかな・・・
080412CR970si06.jpg

取り付け終わりました。
見た目にも意外とすっきりしていて結構いい感じ。
運転者しか見えないかなぁ。と思いましたけど、
意外とどのポジションからも見えるみたいです。
080412CR970si07.jpg 080412CR970si08.jpg




関連記事
スポンサーサイト

【theme : BMW
【genre : 車・バイク

tag : E46 BMW 330 SMG レーダー探知機 ETC 電源取り出し

⇒comment

Secret

アクセスカウンター

無料カウンター


カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSフィード
リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる